「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



人体の冒険者たち

解剖図に描ききれないからだの話

ADVENTURES IN HUMAN BEING




〈クリニックを開業するのは、患者さんたちのからだといっしょに人生の風景を眺める、冒険旅行になぞらえられるかもしれない。よく知っている地形に見えても、往々にして分け入った小道が開けて、日々、新たなパノラマをのぞくことになるのだ〉

ルネサンス期、魂がどこよりも近くにあると考えられていたのが、唇だった。形を変えただけで息が温かくなったり冷たくなったりするのが、生命力の証拠だと思われていたのだ。また17世紀の天文学者たちは、星の見え方をもっとよく知るために、目の構造に注目した。私たちのからだは、いつでも世界を知るための冒険の入り口だったのだ。
スコットランドの家庭医ギャヴィン・フランシスは、ときに救急医や従軍医として、さまざまな患者に出会ってきた。顔半分だけが麻痺した女性、手のひらを釘で打ち抜いた大工さん、直腸にケチャップの瓶が入った男性……。本書はそんな患者たちとフランシス、そして人体の解明に挑んだ偉人たちの冒険の物語だ。
小説のようなケースヒストリーに古今東西の人体をめぐる逸話を交えた、読む人体図鑑とも呼べる医療エッセイ。さあ、人体をめぐる旅に出よう。


目次


守秘義務に関する覚え
プロローグ


1 魂に神経外科手術を  
2 けいれんと聖性と精神医学
頭部
3 目  視覚のルネサンス
4 顔  美しき麻痺
5 内耳  魔法とめまい
胸部
6 肺  生命の息
7 心臓  カモメのざわめきと潮の満ち引き
8 乳房  回復の考え方ふたつ
上肢
9 肩  腕と武器
10 手首と手  穿たれ、切られ、架けられ
腹部
11 腎臓  究極の贈りもの
12 肝臓  おとぎ話の結末
13 大腸と直腸  見事な芸術作品
骨盤
14 生殖器  子づくりについて
15 子宮  生と死をまたぐところ
16 胞衣  食べる、燃やす、木の下に埋める
下肢
17 腰  ヤコブと天使
18 足とその指  地下空間の足跡

エピローグ
謝辞
訳者あとがき
出典および訳註
図版リスト
索引


著訳者略歴

ギャヴィン・フランシス
Gavin Francis

1975年生まれ。エディンバラ在住の医師、作家。医師として働きながら七大陸を踏破。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鎌田彷月
かまだ・ほうげつ

翻訳者、校閲者。翻訳事典の編集者・校正校閲者を務めたのち、渡英。ニュース記事や評論などの執筆・翻訳、またCDライナーノーツの執筆と歌詞翻訳に従事。帰国後は校正校閲のかたわら、多くの書籍をゴースト訳・執筆。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
原井宏明
はらい・ひろあき

BTC東京・精神科医。ハワイ大学臨床准教授。精神科専門医。精神保健指定医。日本認知行動療法学会理事・専門行動療法士。日本動機づけ面接協会代表理事。1984年岐阜大学医学部卒業、ミシガン大学文学部に留学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「人体の冒険者たち」の画像:

人体の冒険者たち

「人体の冒険者たち」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-08717-5 C0040
2018年7月17日発行

この本を購入する