「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



カルノー・熱機関の研究【新装版】

RÉFLEXIONS SUR LA PUISSANCE MOTRICE DU FEU ET SUR LES MACHINES PROPRES Á DÉVELOPPER CETTE PUISSANCE

著者
サヂ・カルノー
訳・解説
広重徹

「カルノーはその理論的考察の基礎に、熱量の保存と永久機関不可能の二つの原理をおいた。これらは共に、当時のだれにとっても異存のない原理であった。カルノーはまず、水力とのアナロジーに訴えながら、高温物体から低温物体へ熱が移動するときには必ず動力を発生させうること、したがって、動力の発生をともなわない熱の移動――たとえば温度の異なる物体を接触させたときの熱伝導――は必然的に動力の損失であることを指摘する。こうして、驚くべき簡明・直截なやり方で熱機関の効率を最大にするための条件が定式された。ついでカルノーは、この条件をみたす理想機関としていわゆるカルノー・サイクルを提示し、二つのカルノー・サイクルを逆向きに結合した系に永久機関不可能の原理を適用して、熱機関の基本定理――それはやがて熱力学第二主則の基礎となる――をうちたてた。」
(広重徹「解説」より)

“カルノーの原理”で知られるサヂ・カルノーは、その理論と意義を、1824年に『火の動力、および、この動力を発生させるに適した機関についての考察』として出版した。本書は、この『考察』に加え、遺された研究ノート、弟イッポリートによる伝記、訳者による『考察』の歴史的背景を論じた「解説」を付す。産業革命が進み、蒸気機関がますます利用されるなか、その働きの理論を一般の人々に向けて執筆し、熱力学の出発点となった古典。

[初版1973年11月25日発行]


目次


はしがき  広重徹

I 熱の科学と技術――熱力学の歴史的背景  広重徹
II-1 火の動力についての考察  サヂ・カルノー
II-2 数学、物理学その他についての覚書  サヂ・カルノー
III カルノーの生涯  イッポリート・カルノー

訳注
索引


著訳者略歴

サヂ・カルノー
Nicolas Léonard Sadi Carnot

1796-1832。フランスの物理学者・数学者。陸軍大臣ラザール・ニコラ・カルノーの長男としてパリに生れ、エコル・ポリテクニークに学ぶ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
広重徹
ひろしげ・てつ

1952年、京都大学理学部物理学科卒業。理学博士。1975年歿。著書『物理学史』(培風館、1968)『相対論の形成』『原子構造論史』(みすず書房、1980、1981)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「カルノー・熱機関の研究【新装版】」の画像:

カルノー・熱機関の研究【新装版】

「カルノー・熱機関の研究【新装版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/152頁
定価 3,740円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-08937-7 C3042
2020年7月10日発行

この本を購入する