「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ネズミ・シラミ・文明【新装版】

伝染病の歴史的伝記

RATS, LICE AND HISTORY

A Study in Biography


「このような断片的な事柄も、実験室とか野外で行なってきた発疹チフスの研究の余暇に、つれづれなるままに書きつづけられてきたものである。伝染病を追って世界中を駈け回っていると、伝染病も人間の数世代にも及ぶそれ自身の歴史を持ち、また生長をつづけ、流浪の旅をつづけているということが理解できるようになり、伝記として取り扱っても差支えないものであって、数世紀にわたって生きつづけてきた生物学的な個体と見做すことができるようになってくる。……長年にわたって伝染病を相手として取り組んでいるうちに、国家の運命に、また確かに文明の興隆と滅亡のうえにも、これらの伝染病による災害が極めて重要な影響を与えてきたということに、われわれは深く印象づけられてきた。」(はじめに)

細菌学者として、発疹チフスの病原菌に対するワクチンの研究に寄与した、ハンス・ジンサーによる1935年刊行の古典。アメリカから、発疹チフスが流行していたセルビア、ロシアへと赴き、調査をした経験を動機として執筆された。
発疹チフスの、ネズミ、シラミ、ヒトの間での疫学、全世界への伝播を中心に、古代から20世紀までの伝染病の歴史を描く。新しい病気と向かいあう21世紀のわれわれも、本書から多くの示唆を得るであろう。

[初版『ねずみ・しらみ・文明』1966年発行、書名を『ネズミ・シラミ・文明』として1984年発行]


目次


まえがき
第一章 はじめに
第二章 一科学者の芸術館
第三章 寄生性微生物と生命の起源
第四章 寄生性と流行病発生の歴史
第五章 新しい病気となくなった病気
第六章 古代の病気
第七章 ローマにおける伝染病の流行とその崩壊
第八章 伝染病と戦争
第九章 わき役、シラミの登場
第十章 人間の生活におけるシラミ
第十一章 ネズミ、その人間との関係
第十二章 われわれの主人公、発疹チフスの登場
第十三章 発疹チフスの誕生、少年期から青年期へ
第十四章 発疹チフスの流行と伝播
第十五章 発疹チフスの成年期
第十六章 発疹チフスと現代および将来

原注
年表
訳者あとがき


著訳者略歴

ハンス・ジンサー
Hans Zinsser

1878-1940。細菌学者。ニューヨーク市に生れる。1903年コロンビア大学医学博士。1913年よりコロンビア大学教授、1923年よりハーヴァード大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
橋本雅一
はしもと・まさかず

1921年生まれ。1945年東京大学医学部卒業。東京医科歯科大学助教授、女子栄養大学教授を歴任。女子栄養大学名誉教授。1991年歿。単著として『世界史の中のマラリア』(藤原書店)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ネズミ・シラミ・文明【新装版】」の画像:

ネズミ・シラミ・文明【新装版】

「ネズミ・シラミ・文明【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
定価 4,180円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08947-6 C0022
2020年7月16日発行

この本を購入する