「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



哲学・思想 (380冊)

近代哲学 (19冊)

  • 波止場日記
    始まりの本
    波止場日記労働と思索
    [著者] エリック・ホッファー   [訳者] 田中淳   [解説] 森達也  
    「一日中陽気な気分で、周囲の人々との一体感があった。読み書きのほとんどできない人々と人生をすごしたからといって、失ったものはたいしてない。(…)教育があって自分の考えを表現できる人 ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/272頁
    • 定価 3,960円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-08374-0 C1310
    • 2014年9月10日発行
  • リズムの本質【新装版】
    リズムの本質【新装版】
    [著者] ルートヴィヒ・クラーゲス   [訳者] 杉浦實  
    星の運行や四季の変遷のリズム、波の運動や植物の生長のリズム、動物の身体運動のリズム、生理のリズム、生活のリズム、音楽のリズム、色彩・文様のリズム、線のリズム、詩のリズム……われわれ ...
    • B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/152頁
    • 定価 2,970円(本体2,700円)
    • ISBN 978-4-622-08654-3 C1010
    • 2017年9月7日発行
  • 人間知性新論【新装版】
    人間知性新論【新装版】
    [著者] G・W・ライプニッツ   [訳者] 米山優  
    《人間知性新論》におけるフィラレートとテオフィルの架空の対話は、ありえなかったロックとライプニッツとの対話篇である。それは、経験論と合理論の二つの哲学的伝統の最も偉大な魂の間で交わ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/656頁
    • 定価 8,580円(本体7,800円)
    • ISBN 978-4-622-08732-8 C3010
    • 2018年6月29日発行
  • われわれ自身のなかのヒトラー【新装版】
    われわれ自身のなかのヒトラー【新装版】
    [著者] マックス・ピカート   [訳者] 佐野利勝  
    『神よりの逃走』『沈黙の世界』等、スイスで著述活動を続けた批評家ピカート。第二次世界大戦後まもなく刊行された本書は、ヒトラー政権下のナチス・ドイツ社会を分析、批判しつつ、それを支持 ...
    • B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,740円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-08776-2 C1010
    • 2018年12月7日発行
  • 定義集【新装版】
    定義集【新装版】
    [著者] アラン   [訳者] 森有正   [編] 所雄章  
    『幸福論』ほかの著書で知られるフランスの哲学者アランにとって、定義への試みはその出発点であり、目的であった。簡潔さ、厳密さに到達した定義は、静かな力づよさを獲得する。これはアランの ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 3,520円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-08837-0 C1010
    • 2019年7月9日発行

マルクス主義・批判理論 (16冊)