「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (605冊)

日本文学 (82冊)

  • エディターシップ
    外山滋比古著作集 4
    エディターシップ
    [著者] 外山滋比古  
    『ハムレット』の「To be or not to be」という有名なせりふを一つとっても、古来おびただしい解釈が存在する――「こういう例を見ても、読者が《あるがまま》を読めているとはとうてい考えられ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04854-X C1395
    • 2002年2月18日発行
  • 日本の言葉
    外山滋比古著作集 5
    日本の言葉
    [著者] 外山滋比古  
    「本巻に収められた三冊の本が出た1970年代前半は戦後の新しい思想の時代が続いていた。ことばについての関心はほとんどないといってよかった。進歩主義は言語という、土着、伝統の世界を離れた ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04855-8 C1395
    • 2002年1月18日発行
  • 短詩型の文学
    外山滋比古著作集 6
    短詩型の文学
    [著者] 外山滋比古  
    ひとむかし前のことになるが、桑原武夫の書いた「俳句第二芸術論」なる論文が一大猛威をふるったことがある。これは種本があって、彼はイギリスの学者I・A・リチャーズの『実践批評』のテクスト ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 3,960円(本体3,600円)
    • ISBN 4-622-04856-6 C1395
    • 2003年1月6日発行
  • シェイクスピア考
    外山滋比古著作集 7
    シェイクスピア考
    [著者] 外山滋比古  
    いかにしてシェイクスピアは、今なお読まれかつ上演される古典作家になったのか? ベン・ジョンソンはじめ、当時の人気作家に親しむ人は今はもうほとんどいない。また、彼の劇作品にはどうして戸 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 3,740円(本体3,400円)
    • ISBN 4-622-04857-4 C1395
    • 2002年11月8日発行
  • 風の音
    外山滋比古著作集 8
    風の音エッセイ集
    [著者] 外山滋比古  
    著作集全8巻のうち、待望のエッセイ集である。30冊に余る既刊のエッセイ集から著者の自選によって、滋味掬すべき作品を集成した一巻である。師弟・食べ物から教育・ことばまで、人生万般、人間 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 3,740円(本体3,400円)
    • ISBN 4-622-04858-2 C1395
    • 2002年8月7日発行
  • 中村草田男論【オンデマンド版】
    中村草田男論【オンデマンド版】詩作と求道
    [著者] 宮脇白夜  
    草田男の俳句には〈花に露十字架に数珠煌と掛かり〉〈勇気こそ地の塩なれや梅真白〉など、キリスト教にかかわる作品がある。そのかかわり方を伝える、一人の神父との対話がある。「あなたは自然 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,740円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-06206-6 C1095
    • 2008年10月31日発行
  • 俳句と人生
    俳句と人生講演集
    [著者] 中村草田男  
    「いかなる芸術でも、分野独特の〈特殊性〉をもっていて、その〈特殊性〉にまず徹しなければいけない。しかも、それが同時に、作者の内側という内面界において、人間的に豊かな〈普遍性〉をとげ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07003-0 C1092
    • 2002年8月23日発行
  • 子規、虚子、松山
    子規、虚子、松山
    [著者] 中村草田男   [解説] 芳賀徹  
    「瀬戸内海を控え、なだらかな山々をめぐらし、程よい広さの平野の中に、松山は昔からたった松山孤りで暮らして来た。外部との激しい交渉は殆どない。謂わば血族だけが一つ所一つ屋根の下に水い ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-07004-9 C1092
    • 2002年9月13日発行
  • 俳句の出発
    俳句の出発
    [著者] 正岡子規   [編] 中村草田男  
    「漠然と単に一種の教養的読物として、子規の俳論的随筆類に目を遊ばしてみようとする人々の為めによりも、其身、俳句の実作者であると否とに拘らず、昭和現在の俳句及び俳壇の実質と様相、将来 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07009-X C1092
    • 2002年10月1日発行
  • 大虚鳥
    大虚鳥
    [著者] 中村草田男  
    「俳人自照 初鴉大虚鳥こそ光あれ 草田男 初鴉大虚鳥こそ天翔けれ 草田男 初鴉大虚鳥の声限り 草田男 大虚鳥(おほをそどり)は大軽率鳥とも表記される鴉の蔑称である。これを〈声限り〉と ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
    • 定価 4,400円(本体4,000円)
    • ISBN 4-622-07054-5 C1092
    • 2003年8月8日発行