建設現場

坂口恭平

突然の崩壊だ。

これは小説なのか、それとも記録なのか。『独立国家のつくりかた』の異才が、未経験の幻視世界を言語でまざまざと体感させ、新しい次元をひらく書き下ろし長編。

「だから、最後に聞きます。これからはじまることを、あなたは知っていたのですか。 ...