アラン島【新装版】

ジョン・M・シング

「僕はアランモアにいる。暖炉にくべた泥炭の火にあたりながら、僕の部屋の階下にあるちっぽけなパブからたちのぼってくるゲール語のざわめきに、耳を澄ませているところだ」

19世紀末、文学の道を志しながらも、パリでさえない日々を送っていたJ.M.シング。 ...