小津安二郎と戦争【新装版】

田中眞澄

1937年9月-1939年7月、小津は一下士官として従軍、中国大陸5000キロを踏破する。その間に認められた日記が生涯の日記になかでもっとも緻密で濃密な記述に満ちていることは、ご存じの方も多いだろう。「しかし、彼はじつは日記のほかにもう1冊のノートを残していた」。 ...