「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2016.09.05イベント情報

「ダリ展」 国立新美術館で

[巡回展]京都市美術館 7月1日(金)-9月4日(日)/国立新美術館(東京・六本木) 9月14日(水)-12月12日(月)

「ダリ展」は京都市美術館での会期を終え、国立新美術館(東京・六本木)へ巡回して2016年9月14日(水)から12月12日(月)まで開催されます。
スペインとアメリカの世界的なダリ・コレクションが初めて一堂に会し、ダリの創作的活動の全貌を網羅的に紹介。初期から晩年まで約200点の作品展示。日本で過去最大規模の回顧展です。

全8章構成の同展の第7章は、「原子力時代の芸術 1945-1950s」。
原子力をはじめとする科学技術と宗教の、そして古典主義に回帰することの重要性を、著書『神秘主義宣言』で強調したダリが描いた《ラファエロの聖母の最高速度》(1954年頃)や、また、原子物理学に関心を抱いていたダリが、物体が空間の中で浮遊し回転する様子を描くことで、宇宙の成り立ちへの理解を示そうとした《素早く動いている静物》(1956年頃)などの絵画が展示されます。ダリには生誕百年を記念した2004年制作のドキュメンタリー映画があり、ダリ自身や、物理化学者のプリゴジン、DNA構造発見者のワトソンらが出演して、ダリの芸術と科学との密接な関係を明かしています。
ダリ展 公式サイト http://salvador-dali.jp/



イベント情報一覧へ