「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2018.05.21イベント情報

北九州市立美術館分館でムナーリ展

「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」 6月23日(土)-8月26日(日)

「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」展が、北九州市立美術館分館で2018年6月23日(土)から8月26日(日)まで開催されます。

約一世紀にわたり、芸術からデザインそして造形教育まで、独創的な活動を繰り広げたブルーノ・ムナーリ(1907-98)。10代の終わりに前衛芸術運動の未来派と出会い、その第二世代として活動(代表作〈役に立たない機械〉など)。また、雑誌における編集や挿絵などの仕事を通じて、デザインへの関心と造形感覚も深め、戦後は、折りたたんで持ち運ぶことができる〈旅行のための彫刻〉や、当時の最新技術であるコピー機を用いた〈オリジナルのゼログラフィーア〉、洗練された家具やプロダクトなど、無用の美や遊び心を感じさせる自由な発想の多様な作品を発表。また、子どもの造形教育に関心高く、アイディアあふれる遊具や仕掛け絵本などを発表し、子ども向けのワークショップも考案しました。
ムナーリの造形理念を鍵として、初期の未来派時代の絵画作品からインダストリアル・デザイン、絵本原画など、晩年までの貴重な作品・資料約300点を読み解く展覧会。出品中ほぼ半数が日本初公開。これまであまり知られてこなかったムナーリ像を伝える、過去最大のムナーリ展です。
北九州市立美術館分館 「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」 http://www.kmma.jp/bunkan/exhibition/2018_bruno-munar.html



イベント情報一覧へ