「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2019.10.04イベント情報

映画『ライファーズ』上映 東大先端研イベント「構造的スティグマとしての隔離」

10月7日(月)10:00-17:00 東京大学先端科学技術研究センターENEOSホール[終了しました]

坂上香監督のドキュメンタリー映画『ライファーズ』上映を第1部として、全3部から構成されるイベント「構造的スティグマとしての隔離~障害・ジェンダー・依存症と刑務所」が、2019年10月7日(月)10:00-17:00、東京大学先端科学技術研究センターENEOSホール(東京・目黒区駒場)で開催されます。
参加費無料、事前申込不要。主催は、東京⼤学先端科学技術研究センター、東京⼤学先端科学技術研究センター熊⾕研究室、⽇本薬物政策アドボカシーネットワーク。共催は、NPO法人out of frame。

第1部(10:00-12:30、開場9:30)は、社会復帰後も「更生」に力を注ぐ元受刑者たちの姿や彼らを取り巻く現実を描いた映画『ライファーズ~終身刑を超えて』の上映(バリアフリー字幕版)。
第2部(13:30-15:00)は、米国の更生施設「アミティ」創設者のナヤ・ アービターとロッド・ムレンのトークセッション「マイノリティとスティグマ」。
第3部(15:15-17:00)は、シンポジウム「脱隔離・非暴力運動としての当事者研究~障害・ジェンダー・依存症」。パネリスト石川准・熊谷晋一郎・坂上香、コーディネーター上岡陽江(第2部・第3部には、UDトークによる文字支援・手話通訳・英日口語逐次通訳あり)。
詳細は、東京大学先端科学技術研究センター「イベント情報」、お問い合わせは、日本薬物政策アドボカシーネットワークへ。
東京大学先端科学技術研究センター イベント情報「構造的スティグマとしての隔離~障害・ジェンダー・依存症と刑務所」 https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/news/events/page_01093.html
東京大学先端科学技術研究センター シンポジウム フライヤー (PDFファイル、942KB) https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/content/000010004.pdf

坂上香監督の新作『プリズン・サークル』も2020年1月より劇場公開が決まっています。日本国内の刑務所に2年間カメラを入れた初のドキュメンタリー映画(136分)。取材許可6年、撮影2年、編集2年余の渾身の作。
映画『プリズン・サークル』公式ウェブサイト https://prison-circle.com/
out of frame(代表理事 坂上香)ニュース&イベント http://outofframe.org/top.html



イベント情報一覧へ