「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2014.10.21イベント情報

第II部 チェス対局 羽生善治名人 vs. 小島慎也さん(4)

『ボビー・フィッシャーを探して』刊行記念イベント「盤上の冒険者たち」ご報告(続き)

(『ボビー・フィッシャーを探して』刊行記念イベント「盤上の冒険者たち ~将棋と詰将棋のマスターが語るチェスの世界」(2014年9月14日開催)から、第II部のチェス対局の進行をご報告)

  • ページ 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

* 読みにくい場合はブラウザの文字のサイズを大きめに設定してみてください


図18-vと同じく19. Bd3と進んだところ

  • [現局面は前掲@検討図18-vと同じ]
  • 若島  これから黒は、どういう考え方で……(進めていくのでしょうか)?
  • ピノー  そうですね。クローするね(笑)。
  • 会場  (笑)
  • ピノー  (a筋とb筋の黒のポーンは)守りづらい。ポーンb6が落ちると、ポーンa5も落ちる。黒は攻めることよりも、どういうふうに状況を(よいほうに)高めるか、という考え方になります。
  • 若島  さきほど、最近カルアナとマキシムの対局で似た進行があったというお話でしたが……
  • ピノー  現在の局面はそのときとは違っていて、これと同じ局面はもっと古い……二年ほど前に、強い人二人が指していて、これと似た局面があったと思います。
  • 若島  そうですか。過去に似たような局面はあった、ということですね。
  • ピノー  モロゼヴィッチ(アレクサンドル・モロゼヴィッチ)の試合かな? 記憶に自信がないですが。
  • 若島  たしか羽生先生は、そのロシアのモロゼヴィッチというプレーヤーの大ファンだという話を聞いたことがあります。
  • ピノー  モロゼヴィッチはどういう特徴のプレーヤーかというと、創造力がすごいです。古い局面で、みんながもう(発見的な研究を)諦めたような局面でも、(モロゼヴィッチは)新しい手を見つける。考え方がすごく若い……ちょっと羽生さんみたいですね。
  • 〈上で言及されている、本局と似た進行の試合は、Gashimov vs Ivanchuk http://www.chessgames.com/perl/chessgame?gid=1602710〉

図19

19. . . g6 —————@図19
  • 若島  黒はポーンg7を突きましたね。ポーンb6は取らせた★。このポーンを守るのはさすがに諦めた、と。そうすると次はこんな感じ?〈黒のキングをg7に〉

図20-v

  • [検討局面は@図20-vへ]
  • ピノー  (黒がキングをg7に上がるのは)ルークh8を戦いに参加させたいという手。
  • 若島  で、この(a8とh8の)黒のルークをつなげて★、とりあえず、a、b筋を守る、と。
  • ピノー  そうですね……そうなるとやっぱり、白はちょっと指しやすいですね。
  • 若島  たとえば次に(検討画面の白のルークb6をb5に引いて★)白がポーンa5を落としに行くということは考えられないんですか?
  • ピノー  考えられなくはないけど、急ぐことはない。
  • 若島  どうせこのポーンは将来的には……(取れるから、ということですか?)
  • ピノー  黒のルークh8がb8を回って白陣に攻めてくるのを(白は)恐れます。
    白としては、f筋やg筋のポーンを突くとか……白は焦る必要はない。たとえば、さっきの手で(黒がルークh8をb筋でぶつけて)ルークを交換してきた場合には、白はa5のポーンを取れる。わざわざ後ろへ行ってポーンを取ってまた戻るのは手間だから……まずは白としては戦いのスピードを加速しないように(指そうとするのではないか)。
  • 若島  白のビショップd3はよく効いているというか、c2のポーンともつながっているし、とてもいいビショップになっていますが、では黒のほうのナイトe7は、この先どうしていったらいいでしょうか?
  • ピノー  そうですね……黒ポーンd5の守りの問題はありますが、できればここへ(と言いながら大盤の黒ナイトの位置をe6へ一マスずらす)。
  • 若島  そうですよねえ(笑)。できれば一つ(中央側へ)入りたい(笑)。
  • 会場  (笑)。
  • 若島  ほんとに一つ入りたいなあ、と。そうするとたくさん行けるところができるんですが。現状はc6へは(行くとタダで取られてしまうので)行けないし、ポーンでほかのナイトの道がふさがっているしで、この黒のナイトe7をどうするかというのが、問題かなと。

図21

20. Rxb6 Kg7 21. f4 —————@図21
  • [白ポーンf2がf4へ]
  • 若島  あ、羽生先生が(指しました)。やっぱり。
  • ピノー  やっぱり。強いです。強いですね。
  • 若島  ぞれぞれの対局者の棋風というかスタイルはどうなんでしょう。小島さんは、どういうスタイル……?
  • ピノー  研究熱心な方ですね。定跡をよく知っている。技術的なレベルが高い。
    羽生さんは、何と説明したらいいのか……とにかく楽しい。新しいアイデアにチャレンジする。そういうスタイルです。
  • 若島  それは(羽生名人の)将棋と似ているといえば似ている(笑)。
  • ピノー  やっぱり(笑)。もう15年ぐらい前ですか、どうして羽生さんと知り合いになったかというと……羽生さんが最初にチェスを始めたときは、おそらく外国人とのコミュニケーションのためにチェスを勉強していったんだと思います。少しずつ強くなっていって国際大会に出ると、(羽生名人がふつうのプレーヤーと違うことは)チェスの強い方はすぐわかります。レーティングを別としても、集中力がふつうじゃないとか、いろいろなアイデアをもっているということで、(その理由を相手が)ちょっと確かめると、“ああ、将棋という世界があるのか”と知ることになり、(羽生名人がチェスを指すことが)かけ橋、文化の交流になっていると思います。
  • 若島  プロの棋士の中のもう一人、森内先生(森内俊之竜王)もピノーさんがチェスを指導されたというふうに聞いているんですけど、森内先生のチェスというのはどんなスタイルでしょうか?
  • ピノー  じわじわ。
  • 若島  じわじわ(?!)。
  • 会場  (爆笑)
  • 若島  面白い……(笑)。
  • ピノー  (森内竜王は)一度自分のスタイルに合った局面になると、もう、とんでもなく強いです。アメリカの数年前の大会でGMと試合をしたとき、ピルツ・ディフェンスを使ったんですけど、すごくて。(レーティング)2500を超えているレベル(の指し回し)を見せたんですね。
  • 〈上で言及されている森内竜王のチェスの棋譜(部分)Zapata vs Mori-uchi http://www.chessgames.com/perl/chessgame?gid=1424042
  • 若島  チェスでは「レーティング」といって、点数で実力を表示するシステムなんですけど、2500というとどれくらい(の強さ)?
  • ピノー  GM(グランド・マスター)。
  • 若島  GMぐらい。ええと、GMというのは2500以上? で……
  • ピノー  2400以上はIM(インターナショナル・マスター)。
  • 若島  FIDEマスター、FMというのは?
  • ピノー  2300以上。

図22

21. . . Ra7 22. Rb5 Rha8 23. Kf2 Kf8 ————————@図22
  • 若島  あ! 結構進みました。
  • ピノー  白のルークをポーンa5に当ててから、黒のルークh8がa8に回り、白のキングがf2に上がって黒キングがf8に下がった。
  • ピノー  あ……わりと普通の指し方ですね。

図23-v

  • [以下しばらく、図21からの別の可能性の探索。検討局面は@図23-vへ]
  • ピノー  私は(白は)ポーンc4が出て★よかったんじゃないかと思ってたんですけど。
    ルークはこの辺り(b6)に行って。黒のルークa7はやむをえず、a5を守るために(本譜同様、1マス浮くだろう★)。
  • ピノー  これだと白のビショップd3はもっと積極的に使えるかと思ってたんですけど。(白がポーンをc4と突けば)黒のポーンd5がそれをとって、白ビショップd3がそれをとると……
  • [検討局面は@図24-vへ]

図24-v

  • ピノー  白のビショップが味方のルーク、ポーンとつながりつつ、この斜めの筋(a2から盤の右上へと斜めに走る筋)で効いて★、ルークをこの筋(盤上右上の敵陣のほうへまわる筋)で★使えるかと思ったんですけど。
  • ピノー  たとえば白がビショップをc4からb3に引いておいて、ルークをf6へというパターンを……。
  • 若島  ああ、今度はこの黒のポーンf7を直接に狙っていこうということですか?
  • ピノー  (これなら黒は)結構困る状況です。ビショップはルークよりもナイトよりも強く指せるというのが一つの考え方でしたが……本譜はちょっと普通(の指し方)。とにかく狙える敵駒に味方の駒を合わせていくという指し方。あとはキングがいい位置d4にくれば……という。(本譜と図24-vのような展開とで)何が違うかというと、本譜では黒がナイトをc6に跳ねる可能性がある。
  • 若島  さきほど問題になっていた黒のナイトをc6に跳ねられるようになった、と。逆に白のビショップは、白マスしか進めないことを考えると(現局面ではビショップの動ける筋がふさがっているので)少しビショップの活躍の仕方を、これから考える必要があるということですね。
  • ピノー  そうです。一手前か二手前に、ビショップを先に考えようというのが、一つの手筋だったと思います。

[このページのトップへ戻る]
[目次へ戻る]
[『ボビー・フィッシャーを探して』刊行記念イベントのメインページに戻る]

  • ページ 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5


イベント情報一覧へ