「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2016.10.18イベント情報

ベルンハルト作『Woodcutters ―伐採―』 フェスティバル/トーキョーで上演

10月21日(金)-23日(日) 東京芸術劇場プレイハウス(東京・西池袋)[終了しました]

プレ・パフォーマンストーク 21日(金)15:10-15:40、23日(日)12:10-12:40 スペシャルトーク 22日(土)11:00-12:30

F/T トーク(3)「トーマス・ベルンハルトとウィーン演劇」 講師・寺尾格(専修大学教授) 19日(水)19:00-

F/T トーク(4)「ポーランド演劇の最前線」 講師・グジェゴシュ・レスケ(アートプロデューサー) 20日(木)19:00-

ジュンク堂書店池袋本店で関連ブックフェア

国際的な舞台芸術祭、第9回フェスティバル/トーキョー(F/T 16)で、トーマス・ベルンハルト原作の『Woodcutters ―伐採―』が上演されます。翻案・美術・照明・演出クリスチャン・ルパ。

2016年10月21日(金)16:00-、22日(金)16:00-、23日(日)13:00-、会場は東京・西池袋の東京芸術劇場プレイハウス。上演時間260分(途中休憩20分)、ポーランド語上演(日本語字幕)、全席指定、一般前売5500円(当日+500円、5演目セット4400円、3演目セット4700円、学生3000円、高校生以下1000円)。
開演前に劇場ロビーで、21日(金)・23日(日)にはプレ・パフォーマンストーク(開催日チケットお持ちの方入場可)が、22日(土)にはスペシャルトーク(要予約・定員50名)があります。
詳細・お問い合わせは、フェスティバル/トーキョーへ。
フェスティバル/トーキョー PROGRAM 『Woodcutters ―伐採―』 http://www.festival-tokyo.jp/16/program/woodcutters/
フェスティバル/トーキョー 主催プログラム チケット料金 http://www.festival-tokyo.jp/16/ticket/#section02

関連して、F/T トーク(3)「トーマス・ベルンハルトとウィーン演劇」では、寺尾格・専修大学教授を講師に迎え、『Woodcutters ―伐採―』の原作者トーマス・ベルンハルトの人物と作品の魅力、原作の舞台でもあるウィーンの演劇事情についてうかがいます。19日(水)19:00-、会場は東京芸術劇場アトリエイースト。入場料500円(予約優先)。[終了しました]
また、F/T トーク(4)「ポーランド演劇の最前線」では、アートプロデューサーのグジェゴシュ・レスケ氏を講師に迎え、クリスチャン・ルパの輩出した後進らをはじめ最も若い世代のポーランド演劇の演出家たちについてうかがいます。20日(木)19:00-、会場は東京芸術劇場アトリエイースト。入場料500円(予約優先)、使用言語ポーランド語(日本語逐次通訳つき)。[終了しました]
F/T トーク(3)「トーマス・ベルンハルトとウィーン演劇」 http://www.festival-tokyo.jp/16/program/talk/#section03
F/T トーク(4)「ポーランド演劇の最前線」 http://www.festival-tokyo.jp/16/program/talk/#section04

ジュンク堂書店池袋本店では、9階ギャラリースペースで「フェスティバル/トーキョー」フェアを10月14日(金)から11月20日(日)まで開催。
ジュンク堂書店池袋本店 9階 「フェスティバル/トーキョー」フェア http://honto.jp/store/news/detail_041000020191.html?shgcd=HB300

トーマス・ベルンハルトの比類なき怒濤の長篇小説『消去』と、そして、この孤高の作家が総なめにしたドイツ語圏最高の文学賞受賞の場をスキャンダルに変える空前絶後のエッセイ集『私のもらった文学賞』を、ぜひどうぞ。



イベント情報一覧へ