「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2018.11.21イベント情報

シンポジウム「日本の農業・農山村をどう構想するか」

12月15日(土) 一橋大学東キャンパス2号館2201教室

市民公開シンポジウム「日本の農業・農山村をどう構想するか」が、2018年12月15日(土)、一橋大学東キャンパス2号館2201教室で開催されます(13:00開場)。

日本の農業・農山村をどう構想するか

農林中央金庫寄附講義 一橋大学経済学部2018年度秋・冬学期
自然資源経済論IV A 市民公開シンポジウム
総合司会  山下英俊(一橋大学経済学研究科准教授)
13:30 開会挨拶
岡室博之(一橋大学経済学研究科長)
八木正展(農林中央金庫常務執行役員)
ルイジ・フィノキアーロ(オーストリア大使館上席商務官)
13:45 基調講演  谷口信和(東京大学名誉教授・元東京農業大学教授)「転換期を迎えた日本の農業・農村政策」
14:35 報告
多田忠義 (農林中金総合研究所主事研究員)「オーストリアはこんな国」
モニカ・ツィグラー(通訳家・翻訳家・医師、オーストリア在住)「オーストリア農業・農山村・人びと――一橋大学チームとオーストリア農村調査を共にして」
安達喜代美(山形県森林ノミクス推進監)「やまがた森林(モリ)ノミクスのとりくみ」
15:40 休憩(10分)
15:50 パネル討論「これからの農業・農山村をどう構想するか」
司会・進行  寺西俊一(一橋大学特任教授・帝京大学教授)
パネリスト  谷口信和、モニカ・ツィグラー、安達喜代美
石田信隆(一橋大学客員教授・農中総研客員研究員)
藤井康平(神奈川大学非常勤講師)
石倉研(一橋大学経済学研究科研究補助員)
17:20 全体まとめ  寺西俊一
17:25 閉会挨拶  山下英俊

お問い合わせは、一橋大学経済学研究科環境・技術研究室へ(電話042-580-8591)。
一橋大学 自然資源経済論プロジェクト http://www5.econ.hit-u.ac.jp/kankyoprj/ssk/
自然資源経済論IVA(2018年度)第12・13回 講義日程 http://www5.econ.hit-u.ac.jp/kankyoprj/ssk/?page_id=3570



イベント情報一覧へ