みすず書房

東京都美術館「ゴッホ展」

響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 9月18日(土)-12月12日(日)

2021年10月12日

東京・上野の東京都美術館で、「ファン・ゴッホ展――響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで開かれています。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)の芸術に魅了され、その世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)。ヘレーネは、実業家の夫アントンとともに90点を超える油彩画と約180点の素描・版画を収集、ファン・ゴッホの芸術に深い精神性を見出し、生涯にわたり美術館の設立に情熱を注ぎました。
クレラー=ミュラー美術館からファン・ゴッホの絵画28点と素描・版画20点を展示。ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの絵画20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどるヘレーネの類まれなコレクションを紹介。さらに、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示して、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気と評価が飛躍的に高まっていく背景にも注目する展覧会。

観覧は日時指定予約制です。詳細は、同展公式ウェブサイトおよび東京都美術館ウェブサイトへ。
ゴッホ展 公式ウェブサイト https://gogh-2021.jp/
東京都美術館 ゴッホ展 https://www.tobikan.jp/exhibition/2021_vangogh.html