みすず書房

東京都美術館「イサム・ノグチ 発見の道」展

4月24日(土)-8月29日(日)

2021年4月20日

東京・上野の東京都美術館で「イサム・ノグチ 発見の道」展が、2021年4月24日(土)から8月29日(日)まで開催されます。

日本人を父に、米国人を母に生まれ、東西の間でアイデンティティの葛藤に苦しみながら、独自の彫刻哲学を打ち立てた20世紀を代表するアーティスト、イサム・ノグチ(1904-1988)。類例なきつくり手による「発見の道」を辿りながら、ノグチの日本文化への深い洞察や、その今日的な意味を明らかにし、彼の彫刻芸術の核心に触れる展覧会。

彫刻家ノグチの精髄に迫る、国内外の多数の大型彫刻をはじめ、およそ90作品。光の彫刻「あかり」150灯のインスタレーションなど、3つの特色ある展示構成(「第1章 彫刻の宇宙」「第2章 かろみの世界」「第3章 石の庭」)。ノグチ芸術の到達点、香川県高松市牟礼町で制作された晩年の石彫群が、初めて東京へ。

「イサム・ノグチ 発見の道」特設サイトhttps://isamunoguchi.exhibit.jp/
東京都美術館 特別展「イサム・ノグチ 発見の道」https://www.tobikan.jp/exhibition/2021_isamunoguchi.html