「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



2019.01.18トピックス

この企業が中国人の生活を変えた――『アントフィナンシャル』巻頭序文を一部公開(1/4)

廉薇・辺慧・蘇向輝・曹鵬程『アントフィナンシャル――1匹のアリがつくる新金融エコシステム』永井麻生子訳

本書に収録される、黄益平氏(北京大学デジタル金融研究センター 主任)による序文を一部公開いたします。

序文「アントフィナンシャルは生きた金融の発展史である」

黄 益平(ホアン・イーピン)

『アントフィナンシャル』は金融の発展史を記した本である。本書には、アントフィナンシャルの2003年10月から2017年4月までの発展の道程が克明に記録されている。また、「アリペイ」の誕生、「余額宝」のリリース、「アントフィナンシャル・クラウド」の正式な運用開始、「芝麻信用」の誕生、「網商銀行」(マイバンク)の開業、キャッシュレス連盟の結成など、アントフィナンシャルが経てきた一つひとつの重大なブレイクスルーと挫折が、ここにほぼ再現されている。それに増して重要なのは、アントフィナンシャルの歴史を読むことで、われわれが金融の発展史をたどり直すことができることだ。その理由は、アントフィナンシャルの発展の足跡が、無から有を生み、小から大となり、シンプルなものから複雑さを増していくという過程を経ているためであろう。

金融史の書籍は、通常、金融業の起源を紀元前2000年のバビロニアや紀元前6世紀のギリシャの寺院における通貨の保管や融資業務にまで遡る。イェール大学のロバート・シラー教授によると、現代の銀行の起源は金細工師である。潤沢に金を持つ顧客たちはその一部を金細工師に預け、一定の見返りを得る。金が必要な顧客は、金細工師から一時的に金を借り、一定の費用を支払う。金細工師は両者の間で信用仲介役を担い、利ざやを稼いでいた。これが現代の銀行の前身である。しかし、このプロセスが生まれたのは紀元前で、今日のわれわれは金融の教科書の中でしか、最初に金融が生まれたロジックを理解することができない。

アントフィナンシャルは、実際の生活の中で金融の誕生と発展の過程を復習するチャンスを与えてくれる。アリババはなぜ「アリペイ」を生み出したのか? その物語は、バビロニアの寺院の物語につながっている。金融取引の始まりはすべて実体経済のニーズから引き出されたものだ。アリババがインターネットショッピングのプラットフォームを作ると、決済の問題を解決する必要が生じた。しかし、決済をめぐる問題の根源は「信用」にある。技術的にも、意欲においても、当時の商業銀行ではタオバオの抱えていた問題に満足のいく解決方法を提示することができなかった。なぜなら、タオバオの取引件数は莫大であったものの、その1件あたりの金額は少額であり、人の手でこれらの決済処理を行えばハイコスト、ローリターンになってしまうからだ。そこで、アリババは保証を提供し、アリペイにユーザーの口座を作り、デジタル技術によって取引のスピードと確実性を高めると同時に、コストも削減した。これらはまさに実体経済のニーズに即したものである。

アントフィナンシャルの物語は大変複雑で、浮き沈みが激しいため、この企業の歩みを正確に理解するのは難しい。しかし、ミクロ経済学では、すべての企業は自らを縛る規定された条件の下で期待値の最大化を追求するものとされている。アントフィナンシャルも例外ではない。アリババとアントフィナンシャルの上層部はしばしば、インクルーシブファイナンスを発展させ、貧しい人々に金融サービスを提供し、世界からやりにくい商売をなくすというメッセージを発している。筆者は彼らの誠意や思いをみじんも疑うものではないが、結局のところ、アントフィナンシャルの経営の目的も他の企業と同様、利益の最大化にある。この一点がなければ、アントフィナンシャルという企業は存続できない。貧しい人々に金融サービスを提供し、市場シェアを拡大することは、すべて上述の目的を追求するために採られる経営戦略なのだ。正確に言うと、それらは手段であって目的ではないのである。




トピックス一覧へ