「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



花崎皋平

はなざき・こうへい

1931年東京生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。北海道大学助教授をへて、1971年から著述業。分野は哲学・社会思想。著書『生きる場の哲学』(岩波新書)、『静かな大地――松浦武四郎とアイヌ民族』(岩波書店)、『アイデンティティと共生の哲学』(平凡社ライブラリー)、『個人/個人を超えるもの』(岩波書店)など。


 

花崎皋平 の書籍一覧

  • 〈共生〉への触発
    〈共生〉への触発脱植民地・多文化・倫理をめぐって
    [著者] 花崎皋平  
    「混迷と争乱を深める世界の中で、理性と平静さと希望を持ち続けるにはどうしたらよいか、平和と食べるものと日常の安全が村や町の民の一人一人に保障されるためにどういう努力をはらうべきか、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-03114-0 C1010
    • 2002年3月15日発行
  • 歩く学問
    鶴見良行著作集 10
    歩く学問
    [著者] 鶴見良行   [編] 花崎皋平  
    「一見放浪と見えるような旅を重ねることで、私たちのアジア文化観は厚みを増していく」。本著作集第9回配本は、著者最晩年の十年の文業を初めて集成した『歩く学問』をお届けする。 遠くイン ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/320頁
    • 定価 6,048円(本体5,600円)
    • ISBN 4-622-03820-X C1336
    • 2001年11月1日発行
  • マングローブ
    鶴見良行著作集 7
    マングローブ
    [著者] 鶴見良行   [編] 花崎皋平  
    「東南アジアの文化の原型は、海辺の沼地にあるのではないか」――本巻には、著者言うところの〈長篇歴史ルポルタージュ〉三部作(他の二作は『マラッカ物語』〈第5巻〉と『ナマコの眼』〈第9巻 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/464頁
    • 定価 8,100円(本体7,500円)
    • ISBN 4-622-03817-X C1336
    • 1999年6月22日発行