「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



佐々木幹郎

ささき・みきろう

1947年奈良県生まれ。詩人。同志社大学文学部中退。2004年完結の『新編中原中也全集』(全5巻別巻1・角川書店)編集委員。2002―2007年、東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文芸非常勤講師。詩集『死者の鞭』(構造社1970/国文社1976)『音みな光り』(思潮社1984)『蜂蜜採り』(書肆山田1991/高見順賞)『砂から』(書肆山田2002)『悲歌が生まれるまで』(思潮社2004)『明日』(思潮社2011/萩原朔太郎賞)、評論・エッセイ『中原中也』(筑摩書房1988/サントリー学芸賞)『河内望郷歌』(五柳書院1989)『カトマンズ・デイドリーム』(五柳書院1993)『都市の誘惑――東京と大阪』(ティビーエス・ブリタニカ1993)『自転車乗りの夢――現代詩の20世紀』(五柳書院2001)『アジア海道紀行――海は都市である』(みすず書房2002/読売文学賞)『やわらかく、壊れる――都市の滅び方について』(みすず書房2003)『パステルナークの白い家』(書肆山田2003)『中原中也 悲しみからはじまる』(シリーズ《理想の教室》、みすず書房2005)『雨過ぎて雲破れるところ――週末の山小屋生活』(みすず書房2007)『人形記――日本人の遠い夢』(淡交社2009)『旅に溺れる』(岩波書店2010)『田舎の日曜日――ツリーハウスという夢』(みすず書房2010)『瓦礫の下から唄が聴こえる――山小屋便り』(みすず書房2012)ほか。


 

佐々木幹郎 の書籍一覧

  • 瓦礫の下から唄が聴こえる
    瓦礫の下から唄が聴こえる山小屋便り
    [著者] 佐々木幹郎  
    「東日本大震災の以前と以後で何が変わったのか。わたしたちは何に試されているのか。詩や歌を書いても、書かなくてもいい。ただ、表現者の位置に立つ限り、過去から、未来から、言葉は試されて ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-07734-3 C0095
    • 2012年11月9日発行
  • 田舎の日曜日
    田舎の日曜日ツリーハウスという夢
    [著者] 佐々木幹郎  
    「わたしのなかで、ツリーハウスの完成形がはっきりとイメージされているわけではない。それは曖昧だ。たえず揺れている。そのイメージの揺れ方をわたしは楽しんできた。ツリーハウスはどこへ行 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 978-4-622-07557-8 C0095
    • 2010年11月10日発行
  • 雨過ぎて雲破れるところ
    雨過ぎて雲破れるところ週末の山小屋生活
    [著者] 佐々木幹郎  
    浅間山麓嬬恋村。20年ほど前に訪れて広大な風景の魅力にとりつかれ、以来、週末は東京を離れ、仕事とはかかわりのない時間を山小屋で過ごす詩人。その間、友人たちとセルフビルドで新たな小屋を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07320-8 C0095
    • 2007年8月24日発行
  • 中原中也 悲しみからはじまる
    理想の教室
    中原中也 悲しみからはじまる
    [著者] 佐々木幹郎  
    生涯でたった2冊の詩集しか残さなかったとはいえ、「汚れつちまつた悲しみに……」ほか愛唱される詩篇はけっして少なくありません。そしてその多くが「悲しみ」に彩られています。 「生の原型 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/160頁
    • 定価 1,404円(本体1,300円)
    • ISBN 4-622-08311-6 C1392
    • 2005年9月22日発行
  • やわらかく、壊れる
    やわらかく、壊れる都市の滅び方について
    [著者] 佐々木幹郎  
    1983年、中野刑務所。「わたしは解体工事が始まった直後から、工事現場にしばしば出かけた。一歩足を踏み入れたときから、廃墟になる寸前のこの監獄の美しさに目を奪われたのだ。8ミリカメラを ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07031-6 C0095
    • 2003年3月5日発行
  • アジア海道紀行
    アジア海道紀行海は都市である
    [著者] 佐々木幹郎  
    「日本列島に最初に西欧人が足を踏み入れたのが、1543年だったとしよう。しかし、この年が日本人と西欧人が最初に出会った年であると言えるだろうか。朝鮮半島や中国大陸沿岸部を荒らした倭寇は ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 4-622-04859-0 C0095
    • 2002年6月21日発行