「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



池内紀

いけうち・おさむ

1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト。1966-96年、神戸大、都立大、東大でドイツ語、ドイツ文学の教師。その後は文筆業。主な著書に『ゲーテさんこんばんは』(桑原武夫学芸賞)、『海山のあいだ』(講談社エッセイ賞)、『二列目の人生』、『見知らぬオトカム――辻まことの肖像』、『恩地孝四郎』(読売文学賞)、『亡き人へのレクイエム』など。編注に森鷗外『椋鳥通信(上・中・下)』、訳書に『ファウスト』(毎日出版文化賞)、ケストナー『飛ぶ教室』、アメリー『罪と罰の彼岸』など。山や旅、自然にまつわる本も、『森の紳士録』、『ニッポンの山里』など多数。


 

池内紀 の書籍一覧

  • 罪と罰の彼岸【新版】
    罪と罰の彼岸【新版】打ち負かされた者の克服の試み
    [著者] ジャン・アメリー   [訳者] 池内紀  
    ジャン・アメリーは1912年ユダヤ人の両親のもとウィーンで生まれた。1940年敵性外国人として逮捕され南仏の収容所へ。脱走、フランス縦断を経てブリュッセルでレジスタンスに参加。1943年再逮捕 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 3,996円(本体3,700円)
    • ISBN 978-4-622-08519-5 C1010
    • 2016年10月7日発行
  • 亡き人へのレクイエム
    亡き人へのレクイエム
    [著者] 池内紀  
    「ペンによる肖像画の試みである/個性も仕事もさまざまにちがう人たちだが、一つだけ共通している。いずれも、もはやこの世にいない。さらにもう一つあげれば、徒党を組むのをいさぎよしとしな ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-07975-0 C0095
    • 2016年4月19日発行
  • 本は友だち
    本は友だち
    [著者] 池内紀  
    「本は友だちである。いつ、どのようなきっかけから友情が結ばれたのか、実をいうと、よく憶えていないのだ。きっかけがあったはずなのに、なぜか思い出せない。気がつくと、かたわらにいた。何 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-07866-1 C0095
    • 2015年1月9日発行
  • 兵士の報酬
    兵士の報酬随筆コレクション 1
    [著者] 野呂邦暢   [解説] 池内紀  
    「自由は貴重だとよく云われる。しかし、自由であることの恐しさについては語られた言葉は少ない。口にする者はあっても、耳を傾ける人が居ないのだ。私は自由といえばいささか大げさで顔が赧ら ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/512頁
    • 定価 7,344円(本体6,800円)
    • ISBN 978-4-622-07823-4 C0395
    • 2014年5月25日発行
  • 消えた国 追われた人々
    消えた国 追われた人々東プロシアの旅
    [著者] 池内紀  
    「日本は日本人の国と思い定めて、ごく身近なマイノリティであるアイヌ人すら忘れがちな国民性にとって、多民族・多言語の国や土地は想像が難しい。だが、自称〈単一民族〉国家こそ、地球上の例 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/288頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07763-3 C0095
    • 2013年5月9日発行
  • 女の二十四時間
    大人の本棚
    女の二十四時間ツヴァイク短篇選
    [著者] シュテファン・ツヴァイク   [訳者] 辻瑆   [訳者] 大久保和郎   [解説] 池内紀  
    「長い生涯のなかのほんの一日。望遠鏡を逆にしてながめたように小さくクッキリと、心に封印してきた二十四時間が再現される。堅実な市民生活のなかの当人にも不可解な例外として描いてあるが、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08501-0 C1397
    • 2012年6月20日発行
  • ろんどん怪盗伝
    大人の本棚
    ろんどん怪盗伝
    [著者] 野尻抱影   [解説] 池内紀  
    「〈大盗・怪盗華やかなりし時代〉などといっては、語弊がないではないが、少なくも17世紀末から18世紀前半にかけてのイギリスはこれに近い時代だったといえるだろう……貴族富豪は上にのさばり ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08093-0 C1395
    • 2011年12月8日発行
  • チェスの話
    大人の本棚
    チェスの話ツヴァイク短篇選
    [著者] シュテファン・ツヴァイク   [訳者] 辻瑆   [訳者] 関楠生   [訳者] 内垣啓一   [訳者] 大久保和郎   [解説] 池内紀  
    「児玉さんはツヴァイクが好きだった。ドイツ文学科の学生のころ、辞書と首っぴきで全集をあらまし読み終えたという。大学院に進み、学者の道を歩むはずだったが、ひょんなことから俳優になり、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08091-6 C1397
    • 2011年8月19日発行
  • 耄碌寸前
    大人の本棚
    耄碌寸前
    [著者] 森於菟   [解説] 池内紀  
    「私は自分でも自分が耄碌しかかっていることがよくわかる。記憶力はとみにおとろえ、人名を忘れるどころか老人の特権とされる叡智ですらもあやしいものである……私はある種の老人のように青年 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/192頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-08083-1 C1395
    • 2010年10月15日発行
  • 祭りの季節
    祭りの季節
    [著者] 池内紀   [写真] 池内郁  
    「ちょうど私は五十五歳を迎える前で、三十年の教師生活にケリをつけ、べつの生き方を心に決めていた……翌春、勤め先の大学に辞表を出して、晴れて自由の身になった。しばらくはせっせと図書館 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/360頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07522-6 C0095
    • 2010年3月16日発行
  • あだ名の人生
    あだ名の人生
    [著者] 池内紀  
    「あだ名、通称、あるいは身代わりのようにしてつけられた呼び名――それぞれその人の要約にあたるようなもの。いかにしてあだ名 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/240頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-07269-6 C0095
    • 2006年12月4日発行
  • さみしいネコ
    大人の本棚
    さみしいネコ
    [著者] 早川良一郎   [解説] 池内紀  
    『けむりのゆくえ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受けた早川良一郎、もう一つの名エッセイ集。標題作「さみしいネコ」の書き出しはこうだ。「定年になると孤独になるそうである。本当のことな ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08064-8 C1395
    • 2005年12月19日発行
  • 〈ユダヤ人〉という存在
    池内紀の仕事場 2
    〈ユダヤ人〉という存在
    [著者] 池内紀  
    「(池内紀の仕事場の最終刊にあたる本巻のタイトルは)ごく自然に思いついた。一冊の書物としてどのような内容になるか見当はつかなかったが、タイトルはこれでなくてはならず、また〈初めて〉 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08132-6 C0395
    • 2005年9月16日発行
  • 世間をわたる姿勢
    池内紀の仕事場 8
    世間をわたる姿勢
    [著者] 池内紀  
    人生とは何か? こう正面切って尋ねられても、誰しも答えに窮するだろうし、だいいち照れくさい。では、どうするか? 論より証拠で、実物を示すに如かず。さいわいにも、ここに〈生きた〉見本 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08138-5 C0395
    • 2005年4月15日発行
  • 自由人の暮らし方
    池内紀の仕事場 4
    自由人の暮らし方
    [著者] 池内紀  
    自由人とはいったいどんな人なんだろうか? 厭人癖をもった付き合いにくい人間か? それとも…… これは難問である。考えても容易には答えは見つからないだろう。そこで、一つの解決法は具体 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08134-2 C0395
    • 2005年2月14日発行
  • 文学の見本帖
    池内紀の仕事場 5
    文学の見本帖
    [著者] 池内紀  
    小説を読む愉しみはいったいどこにあるのだろう? 時間と空間をさっととびこえて、目的もなく自由な世界に遊ぶ。思わぬ視角から新しい宇宙をとらえる。 その〈読み〉の見本帖がこの一巻である ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08135-0 C0395
    • 2004年12月15日発行
  • 架空の旅行記
    池内紀の仕事場 6
    架空の旅行記
    [著者] 池内紀  
    かつて著者は、掌中の一冊を紹介してほしいという注文にたいして、高垣眸の『巌窟王』をあげた……小学校のときであるが、「図書室ができて学級文庫が廃止されるに際し、みんなで本を分けっこし ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08136-9 C0395
    • 2004年10月15日発行
  • 名人たちの世界
    池内紀の仕事場 7
    名人たちの世界
    [著者] 池内紀  
    「名前を聞いただけで、すぐさま節まわしや十八番のセリフが浮かんでくる。川田晴久だと〈地球の上に朝がくる〉であり、トニー谷だと〈レディース・アンド・ジェントルメン・アンド・おとっつァ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08137-7 C0395
    • 2004年8月16日発行
  • 世紀末の肖像
    池内紀の仕事場 1
    世紀末の肖像
    [著者] 池内紀  
    ウィーン生まれの作家・ツヴァイクは自伝的な回想記『昨日の世界』のなかで、自分が育った世紀末ウィーンを「安定の黄金時代」と呼んでいる。それは「すべてにきちんとした尺度と意味とがゆきわ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08131-8 C0395
    • 2004年6月10日発行
  • カフカを読む
    池内紀の仕事場 3
    カフカを読む
    [著者] 池内紀  
    「大学を出るとき、卒業論文はカフカだった。大学院に進んだのち、カフカはやめた。興味がうつったからだが、一つには、日本語で読めるカフカになじめないものがあった。どうしてなのか、自分に ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-08133-4 C0395
    • 2004年4月15日発行
  • 無口な友人
    無口な友人
    [著者] 池内紀  
    「“どうだ、どうだ”胸元や腹をくすぐりまわした。男同士だと、ちとややこしい事態になりかねないが、男とオスだと何でもない。 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/200頁
    • 定価 2,376円(本体2,200円)
    • ISBN 4-622-07027-8 C1095
    • 2003年1月20日発行
  • 素白先生の散歩
    大人の本棚
    素白先生の散歩
    [著者] 岩本素白   [編・解説] 池内紀  
    「直接おそわったことはないが、その本からいろいろ学んだ。たとえば散歩の楽しさを知った。騎西、牛堀、布佐、向島、大利根、関宿、白子の宿……むろん、散歩だけではない。何よりも静かな文章 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-04821-3 C1395
    • 2001年12月7日発行
  • なじみの店
    なじみの店
    [著者] 池内紀  
    「毎朝、体操している。ラジオ体操をもとにして自分で工夫した。女子高の体育の先生と飲み屋で知り合って、教えてもらったのもつ ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/200頁
    • 定価 2,376円(本体2,200円)
    • ISBN 4-622-04805-1 C1095
    • 2001年3月2日発行
  • ちいさなカフカ
    ちいさなカフカ
    [著者] 池内紀  
    歴史の不条理や官僚制を告発する、きわめて深刻・まじめなカフカ――この定番のカフカ像を手放すと、どんな新しいカフカが立ち現 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/160頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-04510-9 C0095
    • 2000年1月7日発行
  • 遊園地の木馬
    遊園地の木馬
    [著者] 池内紀  
    人間、年をとると一日が短くなるようだ。あきれるほど早く日が過ぎていく。 「へんですねエ」 居酒屋の老夫婦の答えていわく―― 「欲がなくなったせいですかナ」 この二人はわが人生の師匠だ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-04650-4 C1095
    • 1998年1月9日発行
  • 見知らぬオトカム
    見知らぬオトカム辻まことの肖像
    [著者] 池内紀  
    この人物、世に広く知られた人間ではなかったが、知る人ぞ知る、只者ではなかった。両親は辻潤と伊藤野枝。幼くしてフランスに渡るも、帰国してはこれといった定職につかず、自由に絵を描き、エ ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/240頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-04697-0 C0095
    • 1997年4月8日発行
  • 道化のような歴史家の肖像
    道化のような歴史家の肖像
    [著者] 池内紀  
    道化のような歴史家とはだれか? エーゴン・フリーデル。今世紀前半のウィーンで活躍したユダヤ人。多芸多才の人物で、作家・エッセイスト・劇作家・劇評家・俳優・編集者・朗読家とあらゆる分野 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/176頁
    • 定価 2,052円(本体1,900円)
    • ISBN 4-622-03331-3 C1023
    • 1988年11月22日発行