「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鎮目恭夫

しずめ・やすお

1925年東京に生まれる。1947年東京大学理学部物理学科卒業。科学思想史専攻。科学評論家。2011年歿。著書『性科学論』(1975)、『自我と宇宙』(1982)、『科学と読書』(1986)、『人間にとって自分とは何か』(1999)、『ヒトの言語の特性と科学の限界』(2011、以上みすず書房)、『心と物と神の関係の科学へ』(1993、白揚社)ほか。訳書 シュレーディンガー『生命とは何か』(1951、岩波新書; 2008、岩波文庫)、バナール『歴史における科学』(1956)、『宇宙・肉体・悪魔』(1972)、ウィーナー『サイバネティックスはいかにして生まれたか』(1956)、『科学と神』(1965)、『人間機械論 第二版』(1979)、『神童から俗人へ――わが幼時と青春』(1983)、『発明』(1994)、メダワー(メダウォー)『若き科学者へ』(1981、新版2016)、ダイソン『多様化世界』(1990、以上みすず書房)ほか多数。


 

鎮目恭夫 の書籍一覧