「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



富士川義之

ふじかわ・よしゆき

1938年岡山市に生まれる。1970年東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。国学院大学、都立大学、東京大学教授(現在、同大学名誉教授)。イギリス文学専攻。著書として『風景の詩学』(白水社、1983)、『幻想の風景庭園』(沖積舎、1986)、『記憶のランプ』(沖積舎、1988)、『世界の文学のいま』(共著、福武書店、1991)、『ある唯美主義者の肖像――ウォルター・ペイターの世界』(青土社、1992)、『英国の世紀末』(新書館、1999)、『ナボコフ万華鏡』(芳賀書店、2001)、翻訳としてウラジーミル・ナボコフ『セバスチャン・ナイトの真実の生活』(講談社、1970/講談社文芸文庫、1999)、ロレンス・ダレル『アフロディテの反逆』(『トゥンク』と『ヌンクァム』筑摩書房、1976)、ナボコフ『断頭台への招待』(集英社、1977)、オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの画像』(講談社、1978)、ナボコフ『青白い炎』(筑摩書房、1984)、ウォルター・ペイター『ルネサンス』(白水社、1986)、アンジェラ・カーター『血染めの部屋』(筑摩書房、1992/ちくま文庫、1999)、A. S. バイアット『マティス・ストーリーズ』(集英社、1995)、ミッシェル・ロヴリック&ミンマ・バーリア『ヴェネツィアの薔薇』(集英社、2002)、編訳『ウォルター・ペイター全集』全三巻(筑摩書房、2002)ほか。


 

富士川義之 の書籍一覧

  • 新=東西文学論
    新=東西文学論批評と研究の狭間で
    [著者] 富士川義之  
    好評をもって読書人に迎えられた『きまぐれな読書』につづく、読み巧者・富士川義之による第二冊目である。今回は、副題にもあるとおり、ちょっと読みごたえのある論考をも収めている。なかでも ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 4-622-07073-1 C1095
    • 2003年12月18日発行
  • きまぐれな読書
    大人の本棚
    きまぐれな読書現代イギリス文学の魅力
    [著者] 富士川義之  
    ジョイスと古靴のエピソードやナイチンゲールの歌の変遷から自転車に乗る漱石、最後の文人プリチェットのみごとな書評芸へ、さらに『日の名残り』や『フロベールのおうむ』の本邦初紹介まで。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04837-X C1398
    • 2003年4月23日発行