「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



片山敏彦

かたやま・としひこ

1898年高知県高知市に生まれる。1924年3月東京帝国大学ドイツ文学科卒業、同年4月より法政大学予科ドイツ語専任教授となる。ロマン・ロランとの親交は翌年の1925年からはじまった。法政大学を辞した後、1938年より第一高等学校教授、1947年からは東京大学ドイツ文学科講師も歴任した。1961年10月、肺癌のため死去。著書の多くは『片山敏彦著作集』全10巻(みすず書房、1971-72)に収められている。訳書には『ロマン・ロラン全集』(みすず書房、1947-66、1979-85)所収の『ジャン・クリストフ』『内面の旅路』のほか、みすず書房からはツヴァイク『人類の星の時間』『ヘッセ詩集』『リルケ詩集』『カロッサ詩集』などがある。他に片山敏彦文庫の会編『片山敏彦の世界――アルバム:生涯と仕事』(みすず書房、1998)。


 

片山敏彦 の書籍一覧

  • 詩心の風光【新版】
    詩心の風光【新版】
    [著者] 片山敏彦  
    「戦争は過ぎた。歴史の深刻な動乱は昨日の悪夢のやうである。……われわれは忘れてはならない――われわれの過誤と弱さとを。わ ...
    • B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/408頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-07180-0 C0095
    • 2005年12月9日発行
  • 片山敏彦の世界
    片山敏彦の世界アルバム:生涯と仕事
    [著者] 片山敏彦   [編] 片山敏彦文庫の会  
    〈この本は片山敏彦の生涯と仕事(詩・散文・絵画・音楽)を全体的に理解し、展望するための一つの試みです。文化は人間社会の一現象ですが、文化を創り、享受するためには「精神の風土」が社会 ...
    • B5変型判 タテ241mm×ヨコ188mm/208頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-04708-X C1095
    • 1998年10月16日発行
  • ヘッセ詩集【新装版】
    ヘッセ詩集【新装版】
    [著者] ヘルマン・ヘッセ   [訳者] 片山敏彦  
    ヘッセ(Hermann Hesse,1877-1962) ヘッセの詩は、たしかに〈憧れ〉に名づけられたいろいろの名のようなものである。深い根源的な憧れ、心のまことの故郷を求めるやみがたい憧れ、痛切で、無 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/120頁
    • 定価 1,512円(本体1,400円)
    • ISBN 4-622-04922-8 C0098
    • 1998年1月19日発行
  • カロッサ詩集【新装版】
    カロッサ詩集【新装版】
    [著者] ハンス・カロッサ   [訳者] 片山敏彦  
    カロッサ(Hans Carossa, 1878-1956) カロッサの試作品は量において少いが質においては重い。その質は、さまざまな体験の煮つまり昇華した結晶を想わせるものである。これらの作はしばしば紫水 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
    • 定価 1,836円(本体1,700円)
    • ISBN 4-622-04923-6 C0098
    • 1998年1月19日発行
  • 人類の星の時間
    みすずライブラリー
    人類の星の時間
    [著者] シュテファン・ツヴァイク   [訳者] 片山敏彦  
    〈星の時間〉について、ツヴァイクはつぎのように説明している。「芸術家の創造において成就される本質的、永続的なものは、霊感によるわずかな、稀な時間のなかでのみ実現する。同様に、歴史の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/392頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-05006-4 C0397
    • 1996年9月19日発行