「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



石田雄

いしだ・たけし

1923年青森市生まれ。「学徒出陣」から復員後1949年東京大学法学部卒業。同学部助手をへて1953年東京大学社会科学研究所助教授、1967-84年同教授。その後千葉大学(1984-89)、八千代国際大学教授(1990-96)。その間、ハーバード大学調査研究員、ハワイ東西文化センター高級専門員、エル・コレヒオ・デ・メヒコ客員教授、オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジ客員教授、アリゾナ大学客員教授、ダル・エス・サラーム大学(タンザニア)客員教授、ベルリン自由大学客員教授、西ベルリン高等学術研究所研究所員を歴任。東京大学名誉教授。著書に『権力状況の中の人間』(2001、影書房)『記憶と忘却の政治学』(2000、明石書店)『自治』(1998、三省堂)『社会科学再考』(1995、東京大学出版会)『増補 市民のための政治学』(1993、明石書店)『平和・人権・福祉の政治学』(1990年、明石書店)『日本の政治と言葉 上下』(1989、東京大学出版会)『日本の社会科学』(1984、東京大学出版会)『近代日本の政治文化と言語象徴』(1983、東京大学出版会)『「周辺から」の思考』(1981、田畑書店)『現代政治の組織と象徴』(1978、みすず書房)『日本近代思想史における法と政治』(1976、東京大学出版会)『平和と変革の論理』(1973、れんが書房)『メヒコと日本人』(1973、東京大学出版会)『日本の政治文化』(1970、東京大学出版会)『政治と文化』(1969、東京大学出版会)『破局と平和』(1968、東京大学出版会)『平和の政治学』(1968、岩波書店)『現代組織論』(1961、岩波書店)『近代日本政治構造の研究』(1956年、未來社)『明治政治思想史研究』(1954、未來社)。その他英語著作。


 

石田雄 の書籍一覧

  • 藤田省三対話集成 1
    藤田省三対話集成 1
    [著者] 藤田省三   [解説] 飯田泰三  
    「藤田 精神的潮流の面でいえば、安保闘争を構成していったものは、ヤミ市的状況の精神ではないか。日本の戦後の原人性ね。ほとんどすべての人がヤミ市的暮らしを経ることによって生きてきた。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-07205-X C1331
    • 2006年7月24日発行
  • 丸山眞男との対話
    丸山眞男との対話
    [著者] 石田雄  
    丸山眞男の最初の弟子として、1947年の第一回丸山ゼミに参加して以来、つねに丸山のそばで距離をとりつつみずからの政治学を実践してきた著者が、はじめて纏める論集である。 他者を理解すると ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07123-1 C1036
    • 2005年1月21日発行
  • 丸山眞男の世界
    丸山眞男の世界
    [編] 「みすず」編集部  
    「丸山は日本における倫理的な個人主義と実質的な民主主義の萌芽に目をかけることを決してやめなかった」(ベラー)「丸山の思想はアジア全体の研究者一般に共通する新鮮さと妥当性を内包してい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-03658-4 C1030
    • 1997年3月5日発行