「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



石原千秋

いしはら・ちあき

1955年生まれ。早稲田大学教授。専門は日本近代文学。文学テクストを現代思想の枠組みを使って分析、時代状況ともリンクさせた斬新な読みを展開する。また、「国語」教育について入試国語の読解を通した問題提起を積極的に行っている。著書に『反転する漱石』(青土社)、『テクストはまちがわない――小説と読者の仕事』(筑摩書房)、『漱石と三人の読者』(講談社現代新書)、『大学受験のための小説講義』(ちくま新書)、『教養としての大学受験国語』(同)、『評論入門のための高校入試国語』(NHKブックス)ほか。


 

石原千秋 の書籍一覧

  • 『こころ』大人になれなかった先生
    理想の教室
    『こころ』大人になれなかった先生
    [著者] 石原千秋  
    大人になることは、かつては親を超えることでした。ところが、その機会を奪われたのが、ほかならぬ「先生」です。そこに不幸の始まりがありました。「先生」が果たせなかった〈父親殺し〉の問題 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/160頁
    • 定価 1,620円(本体1,500円)
    • ISBN 4-622-08306-X C1398
    • 2005年7月7日発行