「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大井玄

おおい・げん

1935年生まれ。1963年、東京大学医学部医学科卒。1965-71年、ペンシルバニア大学グラジュエート病院内科助講師、デューク大学医学部血液科フェロー。東京都立衛生研究所副参事研究員ののち、1977年、ハーバード大学公衆衛生大学院修了。1978-84年、東京大学医学部衛生学助教授。1984-89年、帝京大学公衆衛生学教授。1989-96年、東京大学医学部保健学科成人保健学教授、東京大学大学院医学系研究科国際保健学教授。1978-96年、虎ノ門病院内科(非常勤)。1996-2004年、国立環境研究所副所長、所長を経て、参与。 2001年より東京都立松沢病院医師(非常勤)。2003年より現在、医療生協すずしろ診療所医師(非常勤)。東京大学名誉教授。医学博士。専門は、社会医学、一般内科、在宅医療、心療内科、環境医学。最近はJICAのチリ国小児リハビリプロジェクトやNGOの依頼で、カンボジア保育園児の健康診断など、臨床医の立場を維持しながら国際保健、地域医療、終末期医療にかかわってきた。著書:『終末期医療――自分の死をとりもどすために』(1989年)、『終末期医療II――死の前のクオリティー・オブ・ライフ』(1993年)、『医療原論――医の人間学』(共著、1996年)、『痴呆の哲学――ぼけるのが怖い人のために』(2004年、以上いずれも弘文堂)、『エイズに学ぶ――性感染症対策への対案』(編著、日本評論社、1991年)、『「痴呆老人」は何を見ているか[新潮新書]』(新潮社、2008年)ほか。訳書:アルバート・ジョンセンほか『臨床倫理学』(監訳、新興医学出版社、1997年)ほか。


 

大井玄 の書籍一覧

  • 環境世界と自己の系譜
    環境世界と自己の系譜
    [著者] 大井玄  
    現在の地球環境危機をまねいた要因は、「開放系」と「閉鎖系」という相異なる社会環境の系譜にある。「ヒトは、歴史的にその生活・文化・環境へ適応しながら、自己観や生存戦略意識としての倫理 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-07472-4 C0036
    • 2009年7月24日発行
  • いのちをもてなす
    いのちをもてなす環境と医療の現場から
    [著者] 大井玄  
    内科医として、保健衛生学徒として、国立環境研究所所長として、長年「いのち」をみつめつづけてきた著者が、人間と環境の生命を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-07145-2 C0095
    • 2005年5月23日発行