「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ハンス・カロッサ

Hans Carossa

1878年12月15日、バイエルンに生まれる。『若き日の変転』(1928)に描かれているような多感な青春時代を送った後、ミュンへン、ヴュルツブルク、ライプツィヒの大学で医学を学ぷ。開業医として活動するかたわら、『詩集』(1910)や医者を主人公とする小説を発表する。第一次大戦中、従軍医として転戦、その体験をもとに『ルーマニア日記』(1924)を発表する。第二次大戦後、ナチス体制下の生活を描いた『ニつの世界』(1951)などを書く。1956年9月12日、77歳で歿す。


 

ハンス・カロッサ の書籍一覧

  • カロッサ詩集【新装版】
    カロッサ詩集【新装版】
    [著者] ハンス・カロッサ   [訳者] 片山敏彦  
    カロッサ(Hans Carossa, 1878-1956) カロッサの試作品は量において少いが質においては重い。その質は、さまざまな体験の煮つまり昇華した結晶を想わせるものである。これらの作はしばしば紫水 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
    • 定価 1,836円(本体1,700円)
    • ISBN 4-622-04923-6 C0098
    • 1998年1月19日発行