「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



栩木伸明

とちぎ・のぶあき

1958年東京生まれ。上智大学大学院文学研究科英米文学専攻博士課程単位取得退学。現在、早稲田大学教授。専攻はアイルランド文学・文化。主な著書に『アイルランド現代詩は語る――オルタナティヴとしての声』(思潮社)、『アイルランドのパブから――声の文化の現在』(日本放送出版協会)、『声色つかいの詩人たち』(みすず書房)、『アイルランドモノ語り』(みすず書房、第65回読売文学賞随筆・紀行賞)、『アイルランド紀行――ジョイスからU2まで』(中公新書)他。訳書にJ・M・シング『アラン島』、コラム・マッキャン『ゾリ』、ブルース・チャトウィン『黒ヶ丘の上で』(以上みすず書房)、キアラン・カーソン『琥珀捕り』『シャムロック・ティー』『トーイン』(以上東京創元社)、ウィリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』『アイルランド・ストーリーズ』(以上国書刊行会)、コルム・トビーン『ブルックリン』(白水社)などがある。


 

栩木伸明 の書籍一覧

  • 黒ヶ丘の上で
    黒ヶ丘の上で
    [著者] ブルース・チャトウィン   [訳者] 栩木伸明  
    「双子の弱い視力で見渡せたのは、赤や黄色や緑色に彩られた畑が網の目のように広がる大地と、そこここに点在する真っ白な農家だけだった。彼らは、そうした農家で暮らし、死んでいったウェール ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/416頁
    • 定価 3,996円(本体3,700円)
    • ISBN 978-4-622-07863-0 C0097
    • 2014年9月1日発行
  • アイルランドモノ語り
    アイルランドモノ語り
    [著者] 栩木伸明  
    J・M・シング『アラン島』の名訳で知られるアイルランド文学者が、ダブリンやスライゴーの街角でみつけた不思議な「モノ」たちから彼の国の歴史や文化をひもといてゆく。 たとえば西部メイヨー ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/280頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07741-1 C0098
    • 2013年4月19日発行
  • 声色つかいの詩人たち
    声色つかいの詩人たち
    [著者] 栩木伸明  
    「机にかじりつくのはやめにして、野生の詩が生えているフィールドに出てみよう。そして、木の実を拾うように、キノコを探すように詩を読むことを、もういっぺんはじめようよ」(「「詩と生活」 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07535-6 C0095
    • 2010年4月9日発行
  • ゾリ
    ゾリ
    [著者] コラム・マッキャン   [訳者] 栩木伸明  
    「今でもいちばんはっきり思い出すのは、家馬車の後ろに腰掛けてたあたし。赤い服を着て、前へ前へと遠ざかっていく道路を見つめていたあたしだ。六歳だった、短髪、ナイフでごりごり自分で切っ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/416頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07415-1 C0097
    • 2008年9月22日発行
  • アラン島
    大人の本棚
    アラン島
    [著者] ジョン・M・シング   [訳者] 栩木伸明  
    「僕はアランモアにいる。暖炉にくべた泥炭の火にあたりながら、僕の部屋の階下にあるちっぽけなパブからたちのぼってくるゲール語のざわめきに、耳を澄ませているところだ」 19世紀末、文学の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08063-X C1398
    • 2005年11月10日発行