「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



柿沼敏江

かきぬま・としえ

国立音楽大学楽理科、お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。カリフォルニア大学サンディエゴ校音楽学部博士課程修了。1989年、ハリー・パーチの研究でPh.D.を取得。現在、京都市立芸術大学音楽学部教授。著書 『アメリカ実験音楽は民族音楽だった』(フィルムアート社、2005)。主要訳書 ジョン・ケージ『サイレンス』(水声社、1996)、『ルー・ハリソンのワールド・ミュージック入門』(共訳、ジェスク音楽文化振興会、1993)、『アラン・ローマックス選集』(2007)、アレックス・ロス『20世紀を語る音楽』全2巻(2010)同『これを聴け』(2015、以上みすず書房)、ケネス・シルヴァーマン『ジョン・ケージ伝――新たな挑戦の軌跡』(論創社・水声社、2015)ほか。


 

柿沼敏江 の書籍一覧