「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



酒井忠康

さかい・ただやす

1941年、北海道に生まれる。64年、慶應義塾大学卒業後、神奈川県立近代美術館に勤務。92年、同館館長。2004年、世田谷美術館館長に就任し現在に至る。その間、国内外の数多くの展覧会企画・運営に携わる。国際美術評論家連盟会員、全国美術館会議理事、美術館連絡協議会理事長などを務める。専門は近・現代美術。79年、近代日本美術の黎明期を扱った『開化の浮世絵師 清親』(せりか書房)『海の鎖』(小沢書店)などの著作で第1回サントリー学芸賞を受賞。
著書に『海の鎖』(青幻舎)『覚書 幕末・明治の美術』(岩波書店)『遠い太鼓』『魂の樹』『森の掟』『彫刻の庭』(以上、小沢書店)『彫刻家への手紙』『彫刻家との対話』『ある日の画家』(以上、未知谷)『日本近代思想大系 美術』(共著、岩波書店)『岸田劉生随筆集』(編著、岩波文庫)『若林奮 犬になった彫刻家』『鞄に入れた本の話』『芸術の海をゆく人 回想の土方定一』(以上、みすず書房)『ヨーゼフ・ボイスの足型』(共著、みすず書房)『鍵のない館長の抽斗』(求龍堂)『早世の天才画家』(中公新書)ほか多数。


 

酒井忠康 の書籍一覧

  • 芸術の海をゆく人
    芸術の海をゆく人回想の土方定一
    [著者] 酒井忠康  
    日本初の近代美術館である“カマキン”こと神奈川県立近代美術館の館長をながく務めた土方定一(1904-1980)は、アナーキズム詩人から出立したのちに美学者となり、美術批評家の草分けとしなっ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/296頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-08550-8 C1070
    • 2016年11月22日発行
  • ヨーゼフ・ボイスの足型
    ヨーゼフ・ボイスの足型
    [著者] 若江漢字   [著者] 酒井忠康  
    〈ボイスが、この日本に足跡を残してしまうというのはどうだろう。ボイスの足型を石膏で型取りして石にうつす《ボイス足跡を印す》というアイディアが浮かんだのである。……出発前に酒井氏に話 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/208頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07677-3 C1071
    • 2013年5月24日発行
  • 鞄に入れた本の話
    鞄に入れた本の話私の美術書散策
    [著者] 酒井忠康  
    永く勤務した鎌倉の美術館を離れて都内の美術館に着任したのを機に、著者は通勤時間を利用して古今東西の美術書の味読・再読を始めた。本書は、そのような思い入れのある美術書について書き綴っ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-07555-4 C0070
    • 2010年9月24日発行
  • 完本 ジャコメッティ手帖 I
    完本 ジャコメッティ手帖 I
    [著者] 矢内原伊作   [編・解題] 武田昭彦   [編] 菅野洋人   [編] 澤田直   [編] 李美那   [序文] 酒井忠康  
    「彼ハ昂奮シテクル.Merde! Merde! トドナツテイタノガ,自制ヲ失ツテ本当ノ狂気ニナル.彼ハ自分ノtoileニ向ツテ,ツバヲハキ,地団太ヲ続ケザマニフム.アー,ト吼エル.2分位ソレガ続イタデ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/384頁
    • 定価 8,100円(本体7,500円)
    • ISBN 978-4-622-07508-0 C1071
    • 2010年3月10日発行
  • 若林奮 犬になった彫刻家
    若林奮 犬になった彫刻家
    [著者] 酒井忠康  
    「鉄によって彫刻をつくるのではなく、彫刻によって鉄をつくる」 若林奮(わかばやし・いさむ 1936-2003)は、1950年代から鉄や銅、鉛などの金属素材を使って深い自然観にもとづく思索的な作品 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/256頁
    • 定価 5,616円(本体5,200円)
    • ISBN 978-4-622-07354-3 C1071
    • 2008年2月25日発行