「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



宇野邦一

うの・くにいち

1948年、島根県生まれ。京都大学文学部卒業後、パリ第8大学で文学と哲学を学び、アントナン・アルトーについて博士論文を執筆。立教大学名誉教授。著書『意味の果てへの旅』(1985)『風のアポカリプス』(1985)『外のエティカ』(1986)『混成系』(1988、以上青土社)『予定不調和』(河出書房新社 1991)『日付のない断片から』(1992)『物語と非知』(1993、以上書肆山田)『D 死とイマージュ』(青土社 1996)『アルトー 思考と身体』(白水社 1997/増補・新装復刊 2011)『詩と権力のあいだ』(現代思潮社 1999)『他者論序説』(書肆山田 2000)『ドゥルーズ 流動の哲学』(講談社選書メチエ 2001)『反歴史論』(せりか書房 2003/講談社学術文庫 2015)『ジャン・ジュネ 身振りと内在平面』(以文社 2004)『破局と渦の考察』(岩波書店 2004)『〈単なる生〉の哲学』(平凡社 2005)『映像身体論』(みすず書房 2008)『ハーンと八雲』(角川春樹事務所 2009)『ドゥルーズ 群れと結晶』(河出ブックス 2012)The Genesis of an Unknown Body(n-1 publications, 2012)『アメリカ、ヘテロトピア』(以文社 2013)『吉本隆明 煉獄の作法』(みすず書房 2013)『〈兆候〉の哲学』(青土社 2016)『土方巽 衰弱体の思想』(みすず書房 2017)、訳書 ドゥルーズ&ガタリ『アンチ・オイディプス』(河出文庫)ドゥルーズ『フランシス・ベーコン 感覚の論理学』(河出書房新社)ベケット『伴侶』『見ちがい言いちがい』(以上書肆山田)ジュネ『判決』(みすず書房)『薔薇の奇跡』(光文社古典新訳文庫)ほか。


 

宇野邦一 の書籍一覧

  • 土方巽
    土方巽衰弱体の思想
    [著者] 宇野邦一  
    「私たちの世界で〈器官なき身体〉という問題提起的な概念に土方ほどふさわしい実践と思考と生き方をした人はさしあたって見当たらない。しかもダンスという身体の芸術にとってこそ〈器官なき身 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/264頁
    • 定価 5,616円(本体5,200円)
    • ISBN 978-4-622-08568-3 C1074
    • 2017年2月10日発行
  • リトルネロ
    リトルネロ
    [著者] フェリックス・ガタリ   [訳者] 宇野邦一   [訳者] 松本潤一郎  
    「ポルト=ジョワの丘陵地帯のほうへ、ポールと自転車で。詩節、林檎。群れ、リエカ。誘拐。北斎、ベゴニア。いつもいっしょだったあの歳月の後。別離という試練はカールを茫然自失させ、余裕も ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/184頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07825-8 C1010
    • 2014年11月25日発行
  • 福永武彦とその時代
    福永武彦とその時代
    [著者] 渡邊一民   [解説] 宇野邦一  
    「わたしたちが『草の花』を読んで深く感動させられるのは、この愛と死の物語にひそむ、戦前から戦後にかけてあらゆる場所で失われ枯れていった、おびただしい数の草の花の運命にまで思いをはせ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07851-7 C0095
    • 2014年9月25日発行
  • 吉本隆明 煉獄の作法
    吉本隆明 煉獄の作法
    [著者] 宇野邦一  
    「長いあいだ敬しながら少し遠ざけ、その人の魂の内側に深くのめりこむようにして読むことを避けていた。逝去の知らせに接してから、しきりに考えつづけている。休火山のように、私のなかで眠り ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-07750-3 C0010
    • 2013年8月19日発行
  • 判決
    判決
    [著者] ジャン・ジュネ   [訳者] 宇野邦一  
    本書は1970年代半ば、ジュネがひとまとまりのものとしてガリマール社に託した2種の原稿「判決」「私はいた、そして私はいなかった」からなり、生誕100周年のおりに刊行された。なぜこれまで公表 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/96頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07673-5 C0097
    • 2012年10月23日発行
  • 映像身体論
    映像身体論
    [著者] 宇野邦一  
    「映画が新しい思考の対象であったことは、すでにベンヤミン、パノフスキー、あるいは小林秀雄のような書き手によっても鮮明に表現されていた。しかし、思考も思想も、この新たな対象の、新たな ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07362-8 C1010
    • 2008年3月19日発行