「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



上山安敏

うえやま・やすとし

1925年兵庫県に生れる。1949年シベリヤより復員帰国。1953年京都大学法学部卒業。専攻 西洋法制史。現在 京都大学名誉教授。著書『ドイツ官僚制成立論』(有斐閣、1964)『憲法社会史』(日本評論社、1977)『ウェーバーとその社会』(ミネルヴァ書房、1978)『神話と科学』(岩波書店、1984)『世紀末ドイツの若者』(三省堂、1986)。


 

上山安敏 の書籍一覧

  • 法社会史
    法社会史
    [著者] 上山安敏  
    本書の方法の特徴はつぎの点にある。いわゆる法解釈学・法廷技術・立法作業といった法現象を、制度の側面からではなく、あくまで〈人間集団としての法律家社会グループ〉の側面から考察した点に ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/448頁
    • 定価 6,264円(本体5,800円)
    • ISBN 4-622-01711-3 C3032
    • 1966年11月30日発行