「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



新城郁夫

しんじょう・いくお

1967年沖縄生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。琉球大学法文学部教授。専攻は近現代沖縄文学・日本文学、ポストコロニアル研究、ジェンダー研究。著書に『沖縄文学という企て』(インパクト出版会、2003、第25回沖縄タイムス出版文化賞受賞)『到来する沖縄』(インパクト出版会、2007、編著に『攪乱する島』(シリーズ『沖縄・問いを立てる』第三巻、社会評論社、2008)『沖縄を聞く』(みすず書房、2010)などがある。


 

新城郁夫 の書籍一覧

  • 沖縄を聞く
    沖縄を聞く
    [著者] 新城郁夫  
    沖縄問題とは何か。それは「沖縄の」問題なのだろうか。「沖縄問題」という認識の枠組みは、沖縄を聞くことの拒絶ではないのか。 沖縄問題の自明性を再審することから、沖縄という問いが始まる ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07570-7 C1010
    • 2010年12月10日発行