「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ペーター・ツムトア

Peter Zumthor

1943年スイス、バーゼルに、家具職人の息子として生まれる。父の元で家具職人の修業後、バーゼルの工芸学校(Kunstgewerbeschule Basel)とニューヨークのプラット・インスティチュート(Pratt Institute)で建築とインダストリアルデザインを学ぶ。その後10年間、スイス、グラウビュンデン州で史跡保護の仕事に携わる。1979年よりハルデンシュタインにアトリエを構える。ハルデンシュタイン在住。


主要建築:
ローマ遺跡発掘シェルター(Protective Housing for Roman Archaeological Excavations, Chur, Switzerland, 1986); 聖ベネディクト教会(Sogn Benedetg Chapel, Sumvitg, Switzerland, 1988); グガルン・ハウス(Gugalun House, Versam, Switzerland, 1994); テルメ・ヴァルス(Therme Vals, Switzerland, 1996); ブレゲンツ美術館(Kunsthaus Bregenz, Austria, 1997); スイス・サウンドボックス(ハノーバー万博2000・スイス・パビリオン、Swiss Sound Box, Swiss Pavilion, Expo 2000, Hanover, Germany, 2000); コルンバ美術館(Kolumba Art Museum, Cologne, Germany, 2007); ブルーダー・クラウス野外礼拝堂(Bruder Klaus Field Chapel, Wachendorf, Germany, 2007); スタイルネーセ、魔女裁判の犠牲者たちのための記念館(Steilneset Memorial, Vardo, Norway); サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン 2011(Serpentine Gallery Pavilion, London, England, 2011); ヴェルクラウム工芸会館(Werkraum House, Andelsbuch, Austria, 2013)


 

ペーター・ツムトア の書籍一覧

  • 空気感(アトモスフェア)
    空気感(アトモスフェア)
    [著者] ペーター・ツムトア   [訳者] 鈴木仁子  
    ペーター・ツムトアは その建物がなんのために使われるのか、という問いから出発する。 そこで何が起こるだろう?! と。 根底にあるものに、彼はどんな建築家よりも心をくだく。 見つめ抜き、 ...
    • 変型判 タテ190mm×ヨコ200mm/76頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-07869-2 C0052
    • 2015年7月10日発行
  • 建築を考える 特装版【特装版】
    建築を考える 特装版【特装版】
    [著者] ペーター・ツムトア   [訳者] 鈴木仁子  
    初の翻訳書の刊行を記念した、ツムトアのアートディレクションによる日本語版オリジナル企画。 「いまだ未来にある現実を指し示していくようなドローイングが、私の仕事では重要になる。したが ...
    • A5変型判 タテ210mm×ヨコ146mm/120頁
    • 定価 16,200円(本体15,000円)
    • ISBN 978-4-622-07679-7 C0052
    • 2012年12月21日発行
  • 建築を考える
    建築を考える
    [著者] ペーター・ツムトア   [訳者] 鈴木仁子  
    素材、土地がもつエネルギー、構造と細部、光と影の設計に徹底的にとりくみ、詩的で情感にみちた、類稀なる建築空間を生み出してきたスイスの巨匠ペーター・ツムトア(ピーター・ズントー)。 ...
    • A5変型判 タテ210mm×ヨコ146mm/120頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07655-1 C0052
    • 2012年5月18日発行