「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



坂上香

さかがみ・かおり

ドキュメンタリー映像作家。1965年生まれ。1992年ピッツバーグ大学社会経済開発学修士課程修了。2001年までテレビディレクター。京都文教大学助教授、津田塾大学准教授を経て、2012年より映像作家の活動に専念。主な番組に『僕たちずっと一緒だよね――エイズと生きる家族の一年』(NHKスペシャル、1995)、『隠された過去への叫び――米・犯罪者更生施設からの報告』(NHK BS-1 日曜スペシャル、1998)、『少年が被害者と向き合うとき――米・更生への新たな取組み』(NHK BS-1 日曜スペシャル、1999)ほか。2004年にドキュメンタリー作品『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』を自主製作。ニューヨーク国際インディペンデント映画祭で海外ドキュメンタリー部門最優秀賞を受賞した。著書に『癒しと和解への旅――犯罪被害者と死刑囚の家族たち』(岩波書店、1999)『ライファーズ 罪に向きあう』(みすず書房、2012)。


 

坂上香 の書籍一覧

  • ライファーズ 罪に向きあう
    ライファーズ 罪に向きあう
    [著者] 坂上香  
    取り返しのつかない罪を犯したとき、人は罪に向きあい、償うことができるだろうか。 米国アリゾナ州を拠点とする民間の更生団体アミティは、刑務所や社会復帰施設で更生プログラムを積極的に行 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,808円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-07698-8 C0036
    • 2012年8月20日発行