「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大谷卓史

おおたに・たくし

1967年生まれ。吉備国際大学アニメーション文化学部准教授。専門は情報倫理学、科学技術史。編集者、サイエンスライター、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て現職。著書:『アウト・オブ・コントロール――ネットにおける情報共有・セキュリティ・匿名性』(岩波書店2008)『情報倫理』――技術・プライバシー・著作権』(みすず書房2017)、編著書:『改訂新版 情報倫理入門』土屋俊監修(アイ・ケイコーポレーション2014)、共著書:『メディアとICTの知的財産権』(共立出版2012)、訳書:ダニエル・J・ソローヴ『プライバシーの新理論』(みすず書房2013)、共訳書:ヴィクター・J・カッツ『カッツ 数学の歴史』上野健爾・三浦伸夫監訳(共立出版2005)ほか。


 

大谷卓史 の書籍一覧

  • 情報倫理
    情報倫理技術・プライバシー・著作権
    [著者] 大谷卓史  
    情報倫理学とは、情報通信社会における倫理的諸問題に対処するための研究である。セキュリティ、プライバシー、知的財産権、表現の自由などをめぐる、きわめて現代的な重要問題を分析し解く手が ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/544頁
    • 定価 5,940円(本体5,500円)
    • ISBN 978-4-622-08562-1 C1036
    • 2017年5月1日発行
  • プライバシーの新理論
    プライバシーの新理論概念と法の再考
    [著者] ダニエル・J・ソローヴ   [訳者] 大谷卓史  
    プライバシー問題を深く理解するための最新理論を集成。広範な研究に基づき多様な視点から議論を展開する。高い知的要求に応える、示唆に富む指摘が多く、高度情報社会の制度を考える基本書であ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-07765-7 C1036
    • 2013年6月25日発行