「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



郷原佳以

ごうはら・かい

1975年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。パリ第7大学博士課程修了。フランス文学専攻。現在、関東学院大学准教授。著書に『文学のミニマル・イメージ――モーリス・ブランショ論』(左右社、2011)、訳書にジャック・デリダ『滞留』(共訳、未来社、2000)『散種』(共訳、法政大学出版局、2013)エレーヌ・シクスー/ジャック・デリダ『ヴェール』(みすず書房、2014)モーリス・ブランショ『ブランショ政治論集 1958-1993』(共訳、月曜社、2005)などがある。


 

郷原佳以 の書籍一覧

  • ヴェール
    ヴェール
    [著者] エレーヌ・シクスー   [著者] ジャック・デリダ   [訳者] 郷原佳以  
    ともにアルジェリアに生まれ育ち、生涯の特別な友である二人が、ヴェールについて、自伝的・遺言的に応答を交わした。 まずシクスーが、短いテクスト「サヴォワール」で口火を切る。強度の近視 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/208頁
    • 定価 4,320円(本体4,000円)
    • ISBN 978-4-622-07811-1 C1010
    • 2014年3月14日発行