「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



モディリアニ【新装版】<品切>

人と神話

MODIGLIANI

SENZA LEGGENDA


モディリアニがその多彩で不幸な短い生涯を閉じたとき、この画家の若い妻ジャンヌ・エビュテルヌがあとを追って自殺したことはあまりにも痛ましい物語だが、あとには満二歳の娘、母親と同じ名前を与えられたジャンヌがのこされた。このジャンヌが本書の著者である。彼女はモディリアニ家にひきとられてイタリアで成長したが、美術研究の道に進み、特にドイツ表現派とエコール・ド・パリを研究した。

本書における著者の態度は一貫して極めて客観的であり、従来の伝説を打破して正確な事実を明らかにするために丹念に資料を渉猟し、モディリアニを知っていた人々の記憶を確かめている。著者の態度は記憶にない父親の姿に憧れる娘のそれではなく、あくまでも批判的研究家のそれである。むろんそこに娘としての愛情がないわけではない。むしろ亡父への愛情は全体に溢れているが、その愛情は先ず正確な事実の探求に向って集中している。本書が出版されるとすぐに大きな国際的反響をよび、モディリアニ研究における劃期的業績として、いわばモディリアニ評伝の決定版として注目されたのも、専らこの批判的研究の成果によってである。
(矢内原伊作「訳者あとがき」より)



著訳者略歴

ジャンヌ・モディリアニ
Jeanne Modigliani

モディリアニの娘として1918年11月に生れる。1920年1月両親の死後モディリアニ家に引きとられてイタリアで成長し、美術研究の道に進みとくにドイツ表現派とエコール・ド・パリの研究をする。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
矢内原伊作
やないはら・いさく

1918年に生まれる。京都大学文学部哲学科卒業。1989年没す。著春『ジャコメッティ』(みすず書房、1996)『矢内原忠雄伝』(みすず書房、1998)『アルバム∥ジャコメッティ』(みすず書房、1994)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「モディリアニ【新装版】」の画像:

モディリアニ【新装版】

「モディリアニ【新装版】」の書籍情報:

B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/182頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 4-622-01571-4 C1023
1978年8月30日発行
<ただいま品切です>