「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



老年精神医学入門

PSYCHOGERIATRICS

2nd ed.


社会の急速な高齢化とともに、高齢者のメンタルヘルスがさし迫った問題として浮上してきた。精神病院の入院患者に占める高齢者の割合は増加の一途をたどっている。また、老年患者の精神障害に困惑する一般病棟や、ケースの急増に苦慮する社会福祉当局からも、早急な対策を求める声があがっている。高齢者ができる限り充実した自立的な生活を送れるよう、さまざまな施策を実行しない限り、各国の医療福祉財政は水没してしまうだろう。

本書は、高齢者に対する地域ケアを積極的に推進してきた英国で、長年にわたり必携の書として読まれ続けている。老年精神医学の中心となる痴呆、うつ病などの丁寧な解説に加え、よりよいケアをすすめるヒントが随所にみられる好著である。病院における老年精神科ファームの開設、デイホスピタルの活用、痴呆高齢者ホームの整備などについての著者の提言は傾聴に値する。



著訳者略歴

ブライス・ピット
Brice Pitt

1931年生まれ。1955年ガイ病院医科大学で医師資格を取得。1986-95年、ロンドン大学、セントメアリ王立医科大学院老年精神医学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木戸又三
きど・またぞう

1932年群馬県生まれ。1959年東京医科歯科大学卒業。1972-97年東京都養育院付属病院(1986年に東京都老人医療センターに改称)精神科医長、部長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「老年精神医学入門」の画像:

老年精神医学入門

「老年精神医学入門」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 4-622-03974-5 C1047
2002年10月24日発行

この本を購入する