「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



朝永振一郎著作集 11

量子力学と私【新装版】<品切>


わが国に量子力学が伝来し、それが日本における素粒子論・場の理論の隆盛へと開花していく道筋を跡づけた講演・講義など10篇を収録。物理学の変革の時代に生き、数々の輝かしい業績を生んだ博士が回顧する1930-45年の物理学の軌跡。

[初版1983年7月、新装復刊2002年]


目次


量子力学と私
量子力学五十年によせて
量子力学と私

量子力学の曙
日本における量子力学の成立
量子力学の歩み
場の量子論をめぐって
戦時中の思い出
超多時間理論の誕生からくりこみ理論まで

対談 超多時間・くりこみ理論が生れるまで
わが研究の思い出――古い記憶から――
解説 山口嘉夫


著訳者略歴

朝永振一郎
ともなが・しんいちろう

1906年、東京に生まれる。1929年、京都大学理学部物理学科卒業。東京教育大学教授、同大学学長を歴任。1965年度ノーベル物理学賞受賞。東京教育大学名誉教授。1979年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山口嘉夫
やまぐち・よしお

この本の関連書


「量子力学と私【新装版】」の画像:

量子力学と私【新装版】

「量子力学と私【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-05121-4 C1340
2002年1月25日発行
<ただいま品切です>