「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



イスラエル、イラク、アメリカ<品切>

戦争とプロパガンダ 3

ISRAEL, IRAQ, AND THE UNITED STATES - WAR AND PROPAGANDA 3

A COLLECTION OF ESSAYS


〈わたしがぞっとするのは、文明の衝突という、いまやこれほど流行りとなった単純化志向の低級な概念が思考と行動を乗っ取ってしまったことだ。わたしたちがいま必要としているのは、それに代わる普遍主義的な枠組であり、その枠組を通じて、サダム・フセインのみならずシャロンも、またミャンマー、シリア、トルコなどたいした抵抗も受けずに略奪行為がまかり通っている一連の国々の統治者たちを理解し、対処することだ。家屋の破壊、拷問、教育権の否認などはどのような場所で起ころうが反対されねばならない。そのような枠組を再建する方法としてわたしが知っている唯一の道は教育である〉

〈9・11〉から一年が過ぎた。アメリカの単独行動主義はますます明白になり、パレスチナの情況もより過酷になっている。イラクはどうなるのか。病いをおして情況への発言をつづけるサイードの『戦争とプロパガンダ』第三集。「アメリカのユダヤ人の危機」「パレスチナの選挙が浮上」「一方通行」「細目にわたる懲罰」「不統一と党派対立」「無力のどん底」「イスラエル、イラク、合衆国」「生まれついてか、選び取ってか」の8篇を収録。現在を考えるための必読書である。


目次


メリカのユダヤ人の危機
パレスチナの選挙が浮上
一方通行
細目にわたる懲罰
不統一と党派対立
無力のどん底
イスラエル、イラク、合衆国
生まれついてか、選び取ってか
訳注
訳者あとがき


著訳者略歴

エドワード・W・サイード
Edward W. Said

1935年11月1日、イギリス委任統治下のエルサレムに生まれる。カイロのヴィクトリア・カレッジ等で教育を受けたあと合衆国に渡り、プリンストン大学、ハーヴァード大学で学位を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中野真紀子
なかの・まきこ

翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「イスラエル、イラク、アメリカ」の画像:

イスラエル、イラク、アメリカ

「イスラエル、イラク、アメリカ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/136頁
定価 1,728円(本体1,600円)
ISBN 4-622-07025-1 C1036
2003年1月6日発行
<ただいま品切です>