「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



復興の道なかばで

阪神淡路大震災一年の記録

著者
中井久夫



〈あの震災から150日が経った。今神戸はふしぎなほど静かである。神戸を埋めつくしていた救援の人たちはおおむね去った。活動を続けているボランティアは地元の人たちか、敢えて残留した少数である…
会う人の多くは疲労をにじませている。震災以来働きつづけた人たちである。警察や消防や教員。一般行政の人もある。被災企業の人たちの再建の努力。渋滞の中で何度も夜を明かした運輸の人。求めに応じて無理を重ねた物資輸送に携わる人、報道の人もそうだ。自宅の修理に、店の、工場の再開のために夜間や休日を費やした人たちももちろんだ。休暇をとって欲も得もなく眠りたいという内心のささやきを感じている人が少なくなかろう。神戸全体がいっせいに休む休暇週間を提唱したいくらいだ。実際、われわれはよく働いたではないか。そういう自分をそっとほめてやりたいと思っても自然だろう〉(「震災後150日」)

誰もが被災地に眼をそそいでいた大震災から一年。避難所で生活していた人たちは、ボランティアはどうなったのだろう。被災中心部のように光が当てられなかった辺縁地域は、重荷を背負っていないだろうか。被災民への補償は、今後の地震対策は、町の復興は? こころに傷を負った人たちへのアプローチは、進んでいるのだろうか。
阪神淡路大震災から一年の記録を収めた『昨日のごとく』(1996年刊)より、中井久夫の文章9篇を中心に編集。
歴史に学ぶ・「神戸」から考える――こころのケアを中心に、精神科医が関与観察した震災後一年間の記録。

【Android向け、iPhone/iPad向け電子書籍もあります(2011年リリース)】
Android Marketで購入
App Storeで購入


目次


復興の道なかばで  1995年2月‐1996年1月
精神科医の見た二都市  1995年2・3月
被災地内部から  1995年5月
震災後150日  1995年6月
災害下の精神科救急はいかに行われたか  1995年6月
半年がすぎて  1995年7月
阪神淡路大震災後8ヵ月目に入る  1995年9月
1995年10月・神戸
さいはての仮設住宅に  1995年12月
1996年1月・神戸

「こころのケアセンター」ロサンゼルス視察団に参加して

あとがき


著訳者略歴

中井久夫
なかい・ひさお

1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

宮地尚子(一橋大大学院教授)
<2011年6月5日:北日本新聞>
佐藤由紀<2011年5月24日:毎日新聞>
<2011年6月25日:秋田さきがけ新聞>
<2011年7月17日:赤旗>
<:婦人公論2011年9月7日号>
渡邊十絲子<:婦人公論2011年12月22日・1月7日号>

この本の関連書


「復興の道なかばで」の画像:

復興の道なかばで

「復興の道なかばで」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
定価 1,728円(本体1,600円)
ISBN 978-4-622-07615-5 C0036
2011年5月10日発行

この本を購入する