「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



カフカノート

著者
高橋悠治

「この本はカフカのノートブックから集めた36の断片の束であり、カフカについてのノートでもある。1990年の批判版全集のテクストにより、ドイツ語原文と日本語のどちらでも上演可能。日本語訳は、パラグラフ、句読点、歌の場合は音節数もできるだけ原文に近づけた」

構成・作曲を手がけた舞台「カフカノート」にむけて書かれたスコア、対訳台本、制作ノートを収録。
カフカはピアニスト高橋悠治をささえる影の思索者。すすみ、停まり、曲がり、途絶えてはまたつづく、その書きかたをなぞるように翻訳されたカフカ。ことばの向こうにカフカの姿が見えてくる。


目次


I カフカノート(スコア)

II 掠れ書き(制作ノート)
「カフカノート」の準備
カフカのことばを歌う
「カフカノート」の作曲
テクストと音楽……遅延装置
「カフカノート」の後に

III カフカ断片(対訳台本)


著訳者略歴

高橋悠治
たかはし・ゆうじ

1938年東京に生まれる。作曲家・ピアニスト。桐朋学園短期大学作曲科中退。柴田南雄、小倉朗、ヤニス・クセナキスに作曲を師事。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

二冊一対で新聞書評をいただいています

読売新聞では椹木野衣氏、毎日新聞では丸谷才一氏に、いずれも『カフカ/夜の時間』と二冊一対で長文の書評をいただいています。 ...続きを読む »

書評情報

椹木野衣(美術批評家・多摩美術大学教授)
<2011年11月28日:読売新聞>
丸谷才一<2012年1月8日:毎日新聞>
<:レコード芸術2012年1月号>
<:intoxicate 2011年vol. 95>

関連リンク

この本の関連書


「カフカノート」の画像:

カフカノート

「カフカノート」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/224頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07640-7 C0073
2011年10月21日発行

この本を購入する