「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ピダハン

「言語本能」を超える文化と世界観

DON’T SLEEP, THERE ARE SNAKES

Life and Language in the Amazonian Jungle




著者のピダハン研究を、認知科学者S・ピンカーは「パーティーに投げ込まれた爆弾」と評した。ピダハンはアマゾンの奥地に暮らす少数民族。400人を割るという彼らの文化が、チョムスキー以来の言語学のパラダイムである「言語本能」論を揺るがす論争を巻き起こしたという。
本書はピダハンの言語とユニークな認知世界を描きだす科学ノンフィクション。それを30年がかりで調べた著者自身の奮闘ぶりも交え、ユーモアたっぷりに語られる。驚きあり笑いありで読み進むうち、私たち自身に巣食う西欧的な普遍幻想が根底から崩れはじめる。
とにかく驚きは言語だけではないのだ。ピダハンの文化には「右と左」や、数の概念、色の名前さえも存在しない。神も、創世神話もない。この文化が何百年にもわたって文明の影響に抵抗できた理由、そしてピダハンの生活と言語の特徴すべての源でもある、彼らの堅固な哲学とは……?
著者はもともと福音派の献身的な伝道師としてピダハンの村に赴いた。それがピダハンの世界観に衝撃を受け、逆に無神論へと導かれてしまう。ピダハンを知ってから言語学者としても主流のアプローチとは袂を分かち、本書でも普遍文法への批判を正面から展開している。


目次


はじめに
プロローグ

第一部 生活
第1章 ピダハンの世界を発見
第2章 アマゾン
第3章 伝道の代償
第4章 ときには間違いを犯す
第5章 物質文化と儀式の欠如
第6章 家族と集団
第7章 自然と直接体験
第8章 一〇代のトゥーカアガ──殺人と社会
第9章 自由に生きる土地
第10章 カボクロ――ブラジル、アマゾン地方の暮らしの構図

第二部 言語
第11章 ピダハン語の音
第12章 ピダハンの単語
第13章 文法はどれだけ必要か
第14章 価値と語り――言語と文化の協調
第15章 再帰(リカージョン)──言葉の入れ子人形
第16章 曲がった頭とまっすぐな頭――言語と真実を見る視点

第三部 結び
第17章 伝道師を無神論に導く

エピローグ 文化と言語を気遣う理由

訳者あとがき
事項索引
人名索引


著訳者略歴

ダニエル・L・エヴェレット
Daniel Leonard Everett

言語人類学者。ベントレー大学Arts and Sciences部門長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
屋代通子
やしろ・みちこ

翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

野矢茂樹(東大大学院教授・哲学)
<2012年5月27日(日):北海道新聞>
<:婦人公論2012年7月7日号>
高島俊男(エッセイスト・中国文学者)
<:文藝春秋book倶楽部特別篇2012年12月25日号>
高山なおみ(料理家・文筆家)
<2016年4月3日(日):読売新聞「本よみうり堂」>
角幡唯介+高野秀行<2013年10月26日(土):朝日新聞「秋の読書特集」>
服部文祥(登山家)
<2013年9月8日(日):読売新聞>
<2013年2月13日(水):朝日新聞>
<:懸賞なび2013年4月号>
森山和道(ライター)
<:日経サイエンス2012年7月号>
高野秀行<:本の雑誌2012年12月号>
楊逸(作家)
<2012年12月23日(日):朝日新聞「今年の3点」>
<:本の雑誌「2012年ベスト10」2012年12月号>
吉野朔実<:本の雑誌2012年11月号>
渡辺政隆(筑波大学教授)
<2012年6月10日(日):日本経済新聞>
甲田純生(広島国際大准教授)
<2012年5月20日:京都新聞>
楊 逸(作家)
<2012年5月13日(日):朝日新聞>

関連リンク

この本の関連書


「ピダハン」の画像:

ピダハン

「ピダハン」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/408頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-07653-7 C1040
2012年3月22日発行

この本を購入する