「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



空気感(アトモスフェア)

ATMOSPHÄREN


ペーター・ツムトアは
その建物がなんのために使われるのか、という問いから出発する。
そこで何が起こるだろう?! と。
根底にあるものに、彼はどんな建築家よりも心をくだく。
見つめ抜き、問いを深めようとする。
――ヴィム・ヴェンダース(映画監督)


「心に触れる建物を生み出したい」と語るスイスの名匠ツムトア。意を注いで検討する9+3の観点を、愛蔵の図版を示しながら明かす講演録。
[カラー図版33点収録]

〈この題目、「空気感―アトモスフェア―」という言葉は、私が長いあいだ関心を持ってきたひとつの問いに由来しています。私としては持ってしかるべき関心なのですが、それは、「すぐれた質の建築とはいったいなんだろうか」という問いです。……〉
(本文より)


目次


建築の身体
素材の響き合い
空間の響き
空間の温度
私のまわりの物たち
冷静と誘惑のはざま
内と外の緊張関係
親密さの諸段階
物に射す光
環境としての建築
整合性
美しい姿


著訳者略歴

ペーター・ツムトア
Peter Zumthor

1943年スイス、バーゼルに、家具職人の息子として生まれる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木仁子
すずき・ひとこ

1956年岐阜県生まれ。名古屋大学文学部卒業。名古屋大学大学院文学研究科修士課程中退。椙山女学園大学教授。翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

函入・帯付

函(ボール紙のケース)に収めてお届けします

書評情報

<:「FRAGRANCE JOURNAL」2015年10月号>

関連リンク

この本の関連書


「空気感(アトモスフェア)」の画像:

空気感(アトモスフェア)

「空気感(アトモスフェア)」の書籍情報:

変型判 タテ190mm×ヨコ200mm/76頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-07869-2 C0052
2015年7月10日発行

この本を購入する