「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



失われてゆく、我々の内なる細菌

MISSING MICROBES

How the Overuse of Antibiotic Is Fueling Our Modern Plagues


19世紀に始まる細菌学によって、人類は微生物が病原になりうることを知った。そしてカビに殺菌力が見出される。抗生物質の発見である。以来この薬は無数の命を救う一方、「念のため」「一応」と過剰使用されてきた。これは、抗生物質は仮に治療に役立たなくても「害」は及ぼさない、という前提に基づいている。しかし、それが間違いだとしたらどうなのか――。
人体にはヒト細胞の3倍以上に相当する100兆個もの細菌が常在している。つまり我々を構成する細胞の70-90%がヒトに由来しない。こうした細菌は地球上の微生物の無作為集合体ではなく、ヒトと共進化してきた独自の群れであり、我々の生存に不可欠だ。構成は3歳くらいまでにほぼ決まり、指紋のように個々人で異なる。その最も重要な役割は先天性、後天性に次ぐ第三の免疫である。しかしこの〈我々の内なる細菌〉は抗生剤の導入以来、攪乱され続けてきた。帝王切開も、母親から細菌を受け継ぐ機会を奪う。その結果生じる健康問題や、薬剤耐性がもたらす「害」の深刻さに、我々は今ようやく気づきつつある。
マイクロバイオーム研究の第一人者である著者は、この問題に対して実証的に警鐘を鳴らすとともに、興奮に満ちた実験生活、忘れがたい症例や自身の腸チフス感染などを通じて、興味深いが複雑なマイクロバイオームへの理解を一気に深めてくれる。その案内人とも言えるのがピロリ菌だ。19世紀にはほぼ全ての人の胃にありながら、21世紀の今は消えつつある。そのピロリ菌の本態に迫ることは、マイクロバイオーム全貌解明への指標となりうるかもしれない。


目次


第1章 現代の疫病
第2章 微生物の惑星
第3章 ヒトのマイクロバイオーム
第4章 病原体の出現
第5章 驚異の薬
第6章 抗生物質の過剰使用
第7章 現代の農夫たち
第8章 母と子
第9章 忘れられた世界
第10章 胸焼け
第11章 呼吸困難
第12章 より高く
第13章 ……そしてより太く
第14章 現代の疫病を再考する
第15章 抗生物質の冬
第16章 解決策
エピローグ

原注
訳者あとがき
索引


著訳者略歴

マーティン・J・ブレイザー
Martin J. Blaser

ニューヨーク大学トランスレーショナル・メディシン教授(Muriel and George Singer Professor)。微生物学教授。米国感染症学会元会長。2013年、米国芸術科学アカデミー会員に選出。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山本太郎
やまもと・たろう

長崎大学熱帯医学研究所・国際保健分野主任教授。1990年長崎大学医学部卒業。長崎大学大学院博士課程病理学系専攻修了(博士医学)。東京大学大学院医学系研究科博士課程国際保健学専攻修了(博士国際保健学)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

米本昌平(科学史家)
<2016年1月24日:日本経済新聞「今を読み解く」>
福岡伸一(生物学者)
<2015年12月27日:信濃毎日新聞>
福岡伸一(生物学者)
<2015年12月20日(日):熊本日日新聞「2015今年の収穫」>
鹿島茂(明治大学教授・仏文学)
<2015年12月13日(日):毎日新聞「2015この3冊」>
川島由起子(聖マリアンナ医科大学病院)
<:「日本栄養士会雑誌」2016年第1号>
松澤隆<2015年10月22日:「WEB RONZA」>

関連リンク

この本の関連書


「失われてゆく、我々の内なる細菌」の画像:

失われてゆく、我々の内なる細菌

「失われてゆく、我々の内なる細菌」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07910-1 C1040
2015年7月1日発行

この本を購入する