「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トリエステの亡霊

サーバ、ジョイス、ズヴェーヴォ

A GHOST IN TRIESTE


アドリア海に面した港湾都市トリエステ。この町の名は、須賀敦子の本を通してよく知られている。オーストリア=ハンガリー帝国支配下、過ぎし日の栄光と繁栄が消え残る20世紀初頭、ここに三人の詩人と小説家がいた。

「イタロ・ズヴェーヴォ、ジェイムズ・ジョイス、ウンベルト・サーバ……私がトリエステに到着した時点では、もちろん、彼らが亡くなってからずいぶんたっていた。リテラリー・トリエステ。そのテーマで私は本を書くつもりだった。ヴィジョンを喚起する力があったなら、私には本でできた町が見えていたことだろう。『老年』『トリエステとひとりの女』『ジアコモ・ジョイス』『ポームズ・ペニーチ』『ゼーノの意識』、そして、これらの本に関する本。私はまだ読んだことがなかったが、奇妙な名前をもった作家たちの本。ベンコ、ズラタペル、バズレン、ミヒェルシュテッテル、ジョッティ、ストゥパリヒ、マリン……。ようするに本書は、亡霊の町について亡霊が語ったゴースト・ストーリーである。それは、ほとんど本を通じて知ったにすぎない過去を思い出しながら、温かな暮らしが流れてゆく姿を見る物語。そのムードは、めまぐるしく姿を変える幻影のよう。ただし、マ・ノン・トロッポ。ほどほどに」(本文より)

歴史・言語・芸術の枠をこえ、ミステリーの雰囲気とマニアックな学識をただよわせる、文学紀行の名品。


目次


まえがき
いくつかの重要な日付
ミラマーレ
上へ
三つのトリエステ
地図製作の愉しみ
トリエステの三人の殉教者
忠実に待つ
タブロー・モール
フェアヴューのぬかるみ
見出されたトリエステ
市民庭園の三巨匠
三つの別れ

 付録
翻訳
登場人物名簿
リテラリー・トリエステ、その存在証拠

原注
参考文献
謝辞

トリエステ関連年表補遺(訳者あとがきに代えて)


著訳者略歴

ジョーゼフ・ケアリー
Joseph Cary

1927年生まれ。コネティカット大学、英文学・比較文学の名誉教授。本書のほか、著書に『三人の現代イタリア詩人 サーバ、ウンガレッティ、モンターレ』(シカゴ大学出版)がある。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木昭裕
すずき・あきひろ

翻訳家。1959年、東京生まれ。仙台市在住。東京大学大学院修士課程中退(イタリア文学専攻)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「トリエステの亡霊」の画像:

トリエステの亡霊

「トリエステの亡霊」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/336頁
定価 5,832円(本体5,400円)
ISBN 978-4-622-08540-9 C0098
2017年2月10日発行

この本を購入する