「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



子どもたちの階級闘争

ブロークン・ブリテンの無料託児所から


「わたしの政治への関心は、ぜんぶ託児所からはじまった。」英国の地べたを肌感覚で知り、貧困問題や欧州の政治情勢へのユニークな鑑識眼をもつ書き手として注目を集めた著者が、保育の現場から格差と分断の情景をミクロスコピックに描き出す。
2008年に著者が保育士として飛び込んだのは、英国で「平均収入、失業率、疾病率が全国最悪の水準」と言われる地区にある無料の託児所。「底辺託児所」とあだ名されたそこは、貧しいけれど混沌としたエネルギーに溢れ、社会のアナキーな底力を体現していた。この託児所に集まる子どもたちや大人たちの生が輝く瞬間、そして彼らの生活が陰鬱に軋む瞬間を、著者の目は鋭敏に捉える。ときにそれをカラリとしたユーモアで包み、ときに深く問いかける筆に心を揺さぶられる。
著者が二度目に同じ託児所に勤めた2015-2016年のスケッチは、経済主義一色の政策が子どもの暮らしを侵蝕している光景であり、グローバルに進む「上と下」「自己と他者」の分断の様相の顕微描写である。移民問題をはじめ、英国とEU圏が抱える重層的な課題が背景に浮かぶ。
地べたのポリティクスとは生きることであり、暮らすことだ──在英20年余の保育士ライターが放つ、渾身の一冊。


目次


はじめに──保育士とポリティクス

I 緊縮託児所時代 2015-2016
リッチとプアの分離保育
パラレルワールド・ブルース
  コラム 子どもたちを取り巻く世界 1 貧困ポルノ
オリバー・ツイストと市松人形
緊縮に唾をかけろ
貧者分断のエレジー
  コラム 子どもたちを取り巻く世界 2 RISE──出世・アンガー・蜂起
リトル・モンスターと地上の星々
ふぞろいのカボチャたち
クールでドープな社会変革
ギャングスタラップ児とムスリム・プリンセス
天使を憐れむ歌
コスプレと戦争と平和
託児所から見たブレグジット
  コラム 子どもたちを取り巻く世界 3 フットボールとソリダリティ
ターキッシュ・ホリデイ(トルコの休日)
フードバンクの勃興とわれわれの衰退
ザ・フィナーレ 笑い勝つその日のために

中書き

II 底辺託児所時代 2008-2010
あのブランコを押すのはあなた
フューリーより赤く
その先にあるもの。
ゴム手袋のヨハネ
小説家と底辺託児所
神の御使い
母獣。そして消えて行く子供たち
故国への提言──UK里親制度って、結構ボロックスだよ。
白髪のアリス
炊事場のスーザン・ボイル
ロザリオ
たどり着いたらいつもどしゃ降り
愛のモチーフ
マイ・リトル・レイシスト
ブライトン・ロック──ミテキシーとベッキーと、時々、ミッキー
もう一人のデビー
人種と平等のもやもや──インクルージョン
ある追悼

おわりに──地べたとポリティクス

初出一覧


著訳者略歴

ブレイディみかこ

保育士・ライター・コラムニスト。著書に、『花の命はノー・フューチャー』(2005年、碧天舎。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

栗原裕一郎(評論家)
<2017年5月21日(日):東京新聞「3冊の本棚」>
武田砂鉄(フリーライター)
<2017年5月27日(土):毎日新聞「武田砂鉄の気になるこの人」>
大島明秀(熊本県立大学准教授)
<2017年5月28日(日):熊本日日新聞>
海老沢類<2017年6月4日(日):産経新聞 読書「聞きたい」>
船崎桜(記者)
<2017年6月6日(火):朝日新聞(生活)>
齋藤純一(早稲田大学教授・政治学)
<2017年6月11日(日):朝日新聞>

この本の関連書


「子どもたちの階級闘争」の画像:

子どもたちの階級闘争

「子どもたちの階級闘争」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 2,592円(本体2,400円)
ISBN 978-4-622-08603-1 C0036
2017年4月17日発行

この本を購入する