「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フィリップ・クローデル

Philippe Claudel

1962年フランスのロレーヌ地方に生まれる。小説『忘却のムーズ川』(1999)でデビュー、その後もナンシー大学で文学と文化人類学を教えながら、『私は捨てる』(2000年度フランス・テレビジョン賞)『鍵束の音』 (2002)など着実に作品を発表してきた。2003年の『灰色の魂』(2004、みすず書房)により三つの賞を受賞して注目を浴びる。『リンさんの小さな子』(2005、みすず書房)『子どもたちのいない世界』(2006、みすず書房)も話題を呼び、2007年『ブロデックの報告書』(2009、みすず書房)では「高校生ゴンクール賞2007」を受賞した。さらに映画『ずっとあなたを愛してる』(2008)を監督、戯曲『愛の言葉を語ってよ』(2008)もパリで初演されるなど活躍の場を広げている。



映画『ずっとあなたを愛してる』公式サイトhttp://www.zutto-movie.jp/
(2009年12月26日(土)より銀座テアトルシネマにて公開、以降テアトル梅田・名演小劇場・シネリーブル神戸・シネリーブル博多駅ほか全国順次公開)


 

フィリップ・クローデル の書籍一覧

  • ブロデックの報告書
    ブロデックの報告書
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    『灰色の魂』で読書界を驚かせ、『リンさんの小さな子』で多くの人の心を震わせたクローデルによる、待望の長編小説。 「僕はブロデック、この件にはまったく関わりがない。僕は何もしなかった ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07440-3 C0097
    • 2009年1月7日発行
  • 子どもたちのいない世界
    子どもたちのいない世界
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    「いずれは大人になる子どもたちのために。そして、かつて子どもたちだった大人たちのために」。最近の子どもたちはお話を鵜呑みにしたりしないが、それでもやっぱり子どもは子ども、かれらなり ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-07257-2 C0097
    • 2006年11月20日発行
  • リンさんの小さな子
    リンさんの小さな子
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    戦禍の故国を遠く離れて、異国の港町に難民としてたどり着いた老人リンさんは、鞄一つをもち、生後まもない赤ん坊を抱いていた。まったく言葉の通じないこの町の公園で、リンさんが知り合ったの ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/176頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-07164-9 C0097
    • 2005年9月16日発行
  • 灰色の魂
    灰色の魂
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    2003年から2004年にかけてフランス文学界に〈事件〉を巻き起こしたベストセラー小説。舞台は第一次大戦下の小さな町。冬の運河に浮かんだ10歳の美少女の死体から始まる「私」の物語は、あるいは ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,376円(本体2,200円)
    • ISBN 4-622-07114-2 C0097
    • 2004年10月20日発行