「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



復刊情報



みすず書房では、品切書目の復刊を随時おこなっています。 今年のこれまでの復刊書目は以下のとおりです。 復刊希望の書籍がございましたら小社までお知らせください。 (

オンデマンド版にての復刊書もございます。 (
《始まりの本》は、これから何度でも読み返したい、未来へ読み継ぎたい現代の古典を編むシリーズです。《始まりの本》には、新組み・新編集・新解説により新しい本のかたちをとってよみがえった名著も含まれています。 (
また、品切書のなかで、電子書籍として配信中の書目もございます。 (

〈書物復権〉参加10社では毎年、リクエスト共同復刊を実施しています。
〈書物復権〉2018のみすず書房の復刊書目を次のように決定いたしました。

  • 『スピノザ エチカ抄』佐藤一郎編訳[新装版](予価3,672円(本体3,400円))
  • 『アーレント=ハイデガー往復書簡 1925-1975』ルッツ編 大島かおり・木田元訳[新装版](予価6,912円(本体6,400円))
  • C・レヴィ=ストロース『生のものと火を通したもの 神話論理 I』早水洋太郎訳(予価8,640円(本体8,000円))
  • 戸谷由麻『東京裁判――第二次大戦後の法と正義の追求』[新装版](予価5,940円(本体5,500円))

復刊書籍は5月下旬より、全国の協力書店店頭に並びます。
紀伊國屋書店 〈書物復権〉2018 https://www.kinokuniya.co.jp/c/fukken2018
復刊ドットコム 〈書物復権〉2018 http://www.fukkan.com



新装版 4月中旬 (1冊)

新装版 4月上旬 (4冊)